2010年09月22日

鍵善良房さんの月見だんご

今日は十五夜

2010922DSC00242.jpg

いただいた。うれしいわぁ。

常によばれてるのより ええのんがあたると月も奇麗に見えるのはなんでやろ?

2009年11月28日

ハンバーグが美味い くいしんぼー山中

知人に近江牛を売ってはる方がおられるんですが、その方がえらいグルメどして、お肉に対する美味しいもんを全国津々浦々食べ歩いたりしてはるんですが、その方が珍しく「ものすご美味しいハンバーグを食べさせてくれる店がある」と絶賛するお店へ行って参りました。

くいしんぼー山中さんどす

おいしんぼう 山中

阪急桂駅の西口前の道を真っすぐ西にすすんで、速足で15分、ゆっくり歩いて20分ほど物集女街道という旧街道に出ます。

車の場合は五条通り、国道九号線から物集女街道に入って1−2分ちゅう感じどすな。

こういう言い方は大変失礼なんどすが、国道171号線が出来て旧街道となった物集女街道は地元の人しか通らないようなちょっと寂しい道路なんどすが、そんなヘンピな地で30年営業を続けたはるちゅうのは、なかなかスゴい事やと思います。

ベークドポテト

ベークドポテト おひもさん大好き。

コンソメスープ
コンソメスープ、ゼリー寄せですな。

ビーフシチュー
ビーフシチュー どんぶり鉢で食べたいぐらい美味どした

グリーンサラダ
グリーンサラダ

サイコロステーキ
サイコロステーキ

マスターが「焼き加減は?」と聞かはったので同行した生もの苦手な友人が「しっかりメに焼いて下さい。ウェルダンに」と言うたんです。
ほしたらご主人、返事もせんと難しい顔してはる。
「こんなええ肉をそんな焼き方したら勿体ない」そんなプレッシャーがアリアリと感じられまして。

友人、場の雰囲気に耐えられなくなって「そしたら御任せします」と言うたらご主人満面の笑みで「かしこまりました」やて。
なんちゅう狸や(笑

奥様が「お客様の好きなように召し上がって頂いたらいいんですが‥・」とフォロー入れてはりました。

頑固なご主人に気遣いの奥様、いい組み合わせどすなぁ

ご主人曰く
「肉を食べるからと朝から節制して来られるお客様がおられるんですよ」
「脂の乗った良い肉を食べると胸焼けがしたり胃がもたれたりするからと」
「でもそれはホントにいい肉を食べてはらへんのですわ」
「良い肉は胸焼けしません。 これホンマです」

そういや僕も中年になってから、サシのよう入ったサーロインを食べると胸焼けするようになってました。 若い頃は全く問題無かったのに。

ご主人曰く
「見た目が奇麗になるようにサシの細かく入った牛を育てるのが良いと勘違いしてる生産者がいる」
「それを有り難がる商人、消費者がいる」
「高い対価を払って、胸焼けし、なんのこっちゃわからへん」

なるほどねぇ

サイコロ状に切り分けられたステーキは、なるほどご主人のおっしゃる通り、肉の味のするとても美味しいものでした。
もちろん胸焼けもしませんでした。
ご主人の御託にはちょっと胸焼してきましたが(笑

さて、※近江牛の達人がおススメのハンバーグ。 実は本日、ステーキよりこちら目当てで来たのです。

おいしんぼー山中のハンバーグ

真ん中に凹みがあって、卵の黄身が乗ってます。 うーん、美味そうやー

モグモグ。 うーん、これは。
今まで食べた事無いぐらいフワッフワ。すごく柔らかいです。ミンチの弾力というかニクニクしい感じが全くしない。
どうやったらこんな風に出来るんやろ?

これはおススメです。ぜひお試し下さい。
何しかとても美味しいハンバーグでした。

ガーリックライス
その後、ガーリックライスが出て

ケーキ

デザート

奥様が切り分けて下さったケーキと珈琲で本日のディナーは終わり。

この日はディナーをしっかり食べたので18Kほどかかったのですが、お昼のランチならわりかしリーズナブルな価格設定のようです。

ハンバーグ大好きなうちの子供らも連れて来てあげようと思いました。

--------------------------------------
【くいしんぼー山中】
京都府京都市西京区御陵溝浦町26-26
阪急京都線「桂駅西口」下車、徒歩約15分
http://www.ac.auone-net.jp/~yamanaka/

2009年07月18日

久世駒型稚児

komagata.jpg

祇園祭神幸祭 寺町御池下がる 鳩居堂さん前で休憩の一コマです

写真を撮ってたら宮本組の同僚から

あんたがまたいでるん、馬のおしっこやで

と言われました。 ぎりぎりセーフ(^^;

2009年03月24日

一人晩餐 男飯

「晩ごはん、何する?」さも面倒くさそうに嫁に聞かれました。

長女はクラブの謝恩会、長男はクラブの合宿、下二人は嫁さんの実家にお泊まり、嫁はママさんバレーでお出かけという、6人家族では珍しくも全く一人になる週末。


「適当に食べとくし、作らんでええよ」


面倒くさそうに言われたからでも、嫁を労う為でもありません


好きなモンを好きなだけ食べたい、おのが欲求がそう言わせました。

090321.jpg

どんぶり飯にイクラ山盛り、ズワイガニは焼きガニにしました。

すべて平らげ証拠は隠滅したつもりでしたが、カニのにおいが家中に充満してて嫁にバレました。

2009年03月03日

ひなまつりのケーキ

関東の知人にあちらではひな祭にはケーキを食べないと教えてもらい、軽いカルチャーショックを受けております。
ホントですか?

ちなみに関西ではこんなケーキを用意します。 近所の平川風月堂さんのひなまつりケーキです

090303a.jpg

もしそれが本当だとしたら、パルナスとか洋菓子チェーンが広めたものかもしれまへんな。

まあ元々は京都では和菓子を食べてた訳でして。これがひな祭りに和菓子屋さんの店先に並ぶひちぎりです

ひちぎり

このちらし寿司は頂き物。 お手間入りをありがとうございます。
090303b.jpg

藤村屋お母んの炊いた今年はちょっと辛めの身しじみのたいたんも一緒に頂きました。
090303c.jpg

2009年02月03日

いわし焼いても家焼くな

今日は節分

「大っきい口開けて立ったまま巻き寿司かぶりつくって、はしたないこっちゃ。 日本人も質が落ちたもんやのう」

と、巻き寿司の売上増に反比例して鰯があんまり売れへんようになって来た腹いせに悪態をつきつつ、鰯を焼いてたんですよ。

いわしを焼く

うひひ、最高の塩いわし、すんごい脂です。

鬼を追い出すちゅうより、長いことうちにおる貧乏神、はよ出て行けと、盛大に煙出してたんですよ。

ほしたら、

ピーピーピー

と耳につく聞き覚えの無い音が家中に鳴り響きまして、「ナニが鳴ってるんやろう?」と思ったら、
消防法改正で住宅用火災警報器等の設置が義務づけられたので、半年ほど前に取付けた火災警報機がピーピー鳴ってました。

設置する時に動作テストはしましたが、実際ちゃんと煙に反応したのがなんか嬉しい(^_^)

ちなみに、火災警報機を付けとくと火災保険がちょっと割引になるみたいですよ。
うちがかけてる保険屋さんでは年額600円ほど割引になってました。

家庭用火災警報機はドライバ一本で簡単に取付けられ、電池寿命が10年ぐらいあるのをおススメします↓

2009年01月28日

フリスクが風邪予防に?

風邪で病院へ行った知人が病院の先生に
「沢山の患者さんと接してはるのに、御自身はどういう予防をしてはるんですか?」
と尋ねたら、白衣のポケットからおもむろにフリスクを取り出し、

090128.jpg

一粒口に入れ

「患者さん一人見る度に一粒食べてますねん」
とおっしゃったそうです。

何種類かあるフリスクでも、殺菌効果があるといわれるユーカリを使っている


フリスクユーカリミント


しかアカンそうです。

そのハナシを聞いてさっそく買いに行ったら、マイナー商品ゆえ置いてる店があまりなく15軒目でようやく発見、5ケース買いだめしたそうです(^^;

ホンマに効くんかな?

お医者さん曰く、ユーカリの殺菌力はそんなに強く無いので、明らかに風邪ひいたはる患者さんを見た後は、手荒いうがいをされてるそうですが。
病院で一括購入し、医師看護婦に配布してるとか。 ホンマかいな?

と、そんなハナシをお母んにしたらすぐにフリスクユーカリミントを5箱買いだめしてはりました(^^;

僕も接客業なのでまじない代わりに食べてます。

2009年01月26日

梅園さんのみたらし団子

梅園さんのみたらし団子をお土産に頂いたので食べてみました。

下さった方曰く「みよしやの団子より美味しい」との事。

子供の頃よりみよしやの団子一筋な僕に挑戦的なセリフを言わはると思いつつ、頂き物に文句を言える訳も無くありがたく頂戴しました。

パッケージは大衆和菓子のみたらし団子とは思えないような上品なものでした。
冷める前に食べるのに必死で撮影するのを忘れてましたが。

090126.jpg

団子は丸いもんやと思ってましたが、ここのは四角かったです。 見た目、ネギマかうなぎ蒲焼きのよう。
団子のサイズは小さく、串も短いので、一口で食べる事も可能です。 ええもちろん僕は一口で食べました。

みよしやさんの団子より美味しい団子を食べた事がないので(もちろんそれは子供のころからのすり込みもありましょうが)、みよしやさんとの比較でしか言えませんが

タレはあっさりめ、甘くも無く辛くも無し
餅はシコシコめ、弾力あり
焦げ目が香ばしい

とても美味しいお団子でした。

。。。でも僕はやっぱりみよしさんの団子が好き。 タレときな粉を「これでもかー」ちゅうぐらいからめて食べるのです。

梅園さんのみたらし団子の続きを読む

2008年11月08日

個体識別番号入りレトルトカレー

個体識別番号ってご存知でしょうか? 狂牛病問題から始まった個体識別システムで国産牛すべてに番号を付けられており、消費者でも容易にパッケージにある番号どこ産の牛か調べる事が出来ます。 今では狂牛病問題より産地偽装に対して有効なシステムとして認知されてるような感じですな。

で、この個体識別番号の入ったレトルトカレーが売っているのです。

081108a.jpg
近江牛.comさんの"近江牛専門店が極めたカレー"

同様の事を大手メーカーがやろうとすると、一度に大量に製造するので多くの牛が混じってしまう事となり、事実上不可能なんでしょうが、近江牛.comさんでは牛一頭をまるまる使い小ロットずつの製造で、レトルトカレーパッケージ毎の個体識別番号表示を実現されてる事と思います。

早速試してみました。

081108b.jpg

携帯電話のバーコードリーダーを起動し、近江牛専門店が極めたカレーのパッケージ裏に印刷されているQRコードを読み取ると近江牛.comさんのサイトにアクセスすると

081108c.jpg

滋賀県の木下さんの所の黒毛和牛という情報が読み取れました。

いやはや凄い事を考えつくもんですなぁ

おまけにこのカレーは、まるまる牛一頭使っているので、いろんな部位が入ってるそうです。 

カレー用の角切り肉というとだいたいモモ肉が多いと思うのですが、このカレーにはロースもヘレも入ってるとの事です。 うーむ、パックによっては凄い大当たりがあるんですな。 おもろいなー

んーもう我慢できん。食べてみよう。

気合の入ったカレーだけに、普段よりしっかり湯煎してしまいました(^^;

レトルトの封を切ってご飯の上にかけると大振りのお肉がゴロンゴロンと落ちてまいりました。

081108d.jpg

販売サイトの盛り付け画像には、セレブな皆様にもぜひ買って頂きたいという思いからロイヤル・コペンハーゲンの皿が使われているそうなんですが、僕に家にそんな高級なお皿がある訳も無く、似たような柄のを探して盛りつけました。

実はどんぶり鉢です(^^;

ロイヤル・コペンハーゲンをググッてみると有田焼の影響を強く受けているとありましたので、どんぶり鉢でも問題無しでしょう。  たぶん。

どんぶりカレーを手にもって、がっつりガツガツ頂きました所、きっと元々柔らかいであろう近江牛が、更にやわらかーく炊きこまれており、カレー自体も程よい辛さと近江牛からしみ出たエキスが旨味を増してるような、絶品カレーでした。

ごちそうさまでした。至福の一時をありがとう。

→近江牛.com "近江牛専門店が極めたカレー"販売ページ


2008年11月04日

秋の味覚

さつまいも甘煮

谷内さん、美味しく頂いております(^.^)

2008年09月14日

月見だんご at 京都

080914.jpg

京都のはこんな感じですが、けっこう地域差があるみたいどすな

2008年04月22日

鯨ベーコン

鯨ベーコン

僕の世代(昭和40年代生まれ)で、鯨というと学校給食で食べた「鯨カツ」が一番に頭に浮かぶんですが、それ以外ではというと同級生に聞いてもほとんど食べた事が無いという人が大半です。

こんな稼業に生まれた僕でさえ、たまに入荷する赤身をただ珍しいからという理由だけで食べては、その都度、独特の臭みに「やっぱ牛肉が一番うまい(^^;」と思ったもんです。


ところが最近、京都中央市場を歩いていると、鯨製品を取り扱ってる仲買がずいぶん増えてきました。
以前に比べてだいぶ生産量が増えているのかも。

漁業関係者の皆様がエセ動物愛護国との丁々発止のやり取りや凶悪なエセ環境保護団体と激しいバトルを繰り返して下さってこうやって食卓に並ぶのですから、これはありがたく頂戴しなくてはなりません。

醤油で美味しく頂戴しました。 粗塩もよく合いました。

しかし、嫁や子供に食べさせようとすると「なにそれ? 気持ち悪い赤※1」とか「そんな脂身だらけの食べれへん」と全く食べようとはしません。 
この30年で鯨を食べるという食文化は完全に分断したのかもしれません。

でも、また鯨に日本人のタンパク源を求めなきゃいけない時代はもうすぐそこまで来ているのかもしれません。 ちゅうか最近鯨の流通量が増えてるのは食料危機を想定しての政府の施策?、、、と考えるのは妄想し過ぎでしょうか。

「お前ら将来ひもじいから鯨でも食べたいとか言うても、一切れたりともやらへんからな」と嫁と子供を睨みながら口に出して言うと激しく睨み返されまんので、黙って残りの鯨ベーコンを一人美味しく頂戴しました。

鯨ベーコンの続きを読む

2007年10月24日

うどんすきに黒七味

朝晩がだいぶ寒くなってきましたもんで、おでんとかあったか〜いモンが食べとなる季節になりましたな。

ちゅう訳で昨日はうどんすきを食べました。

我が家のうどんすきに欠かせないのが原 了郭さんの黒七味

原 了郭の黒七味

うどんすきに黒七味の続きを読む

2007年10月10日

秋ですなぁ

秋の味覚

ご飯、みそ汁、サンマの塩焼き

これがあれば他に何も要らない、日本人に生まれて良かったと思う夕ご飯のひとときでした。

2007年09月04日

白菜の浅漬で巻き寿司

先日お土産に頂いた海苔をブログで褒めたら

おーきに!です。 焼海苔は、白菜の浅漬けを暖かいご飯で巻いて 丸かじりしてみてください。 好みもありますが、混ざりあたりで 試してください。 結構 うまいですよ!

これも、投稿するように!(^^ゞ

と、姫路のみきや海苔店さんからメールが届き

、、、タダで貰ったのでリップサービスで褒めただけなのに、厚かましい要求をしてきて、ホンマ播州の人間は言葉の裏が読めない田舎者で困るわ、、、ホンに田舎侍っぷりは江戸時代から変わってへん。、、、

白菜の浅漬で巻き寿司の続きを読む

2007年08月29日

みきや海苔店さんの味付け海苔

先日、姫路に行った時に友人でもあるみきや海苔店さんに海苔を頂いたんですよ。

いろんな種類の入った海苔セットから一番手軽な味付け海苔から頂きました。

070829a.jpg


みきや海苔店さんの味付け海苔の続きを読む

2007年08月27日

揖保乃糸 そうめんの里

円教寺からの帰り、円教寺から車で二十分ほどの所にある揖保乃糸 そうめんの里へ行ってきました。

外で流し素麺などもやってたのですが、この日も35℃を越える猛暑日で、クーラーの効いた店内で食べました。

普通の素麺を素麺の製造元が、どのような茹で方で、どのようなダシで供してくれるか興味があったのでそうめんだけ食べたかったのですが、メニューには「そうめん巻き寿司」とか「揚げあんかけ」とかそうめんの付いた和定食みたいなんとか凝ったメニューばかり並んでました。

連れて行ってくれた友人が食べたのは
070826f.jpg

揚げ素麺のトマトソース掛け、、、みたいなん(^^;

揖保乃糸 そうめんの里の続きを読む

2007年07月20日

土用の入りとあんころ

今日は土用の入り、ちゅう事であんころを頂きました。

あんころ

お役も無事務め終わりましたので、安心して食べられるちゅうもんです。

土用の入りにあんころを食べるちゅうのは、お盆におはぎみたいな全国的な風習やと思ってたんですがウィキペディアによると京都や金沢など関西と北陸の一部だけの風習みたいですね。
(うちでも食べるという他府県の方はぜひご連絡下さい)

来年から藤村屋で売ってみよかいなと企んでます。

土用の入りとあんころの続きを読む

2007年07月03日

お日ぃさんいっぱい

お野菜

自家農園をやってる大将に頂きました。

お日ぃさんいっぱい詰まってる〜って感じ。

胡瓜以外はしっかり頂きます(祇園祭やから)

2007年04月15日

のっぺいうどん

070415q.jpg


長浜祭に行った時にのっぺいうどんを食べました。

「のっぺいうどん」って言うのはあんかけうどんに湯葉やら麩やら椎茸など乾物がようさん入ってるもんでして、あんかけうどんと、しっぽくうどんが混じったようなもんです。 京都でも一部のうどんやさんにはメニューにあります。 トロミと生姜味が美味しいうどんです。

帰ってから調べると、長浜には圧倒的に有名な店があるのですが、どうやら違う店に行ってしまったようです。食べ終わってから通りかかったその有名店の方はかなりの列を作っていて、待つのが嫌いな僕にはガマンできひんかったでしょうけど。

この日はご飯と琵琶湖の川魚の佃煮がセットになってるのを頼みました。

のっぺいうどんセット

もうちょっと、ダシが効いてるとええなあと思いつつ。。。でもまあ美味かったです。

070415r.jpg

小鮎にしじみ、大豆の佃煮。美味しく炊いてあったのですが、しじみに爆弾が混じってました(T_T)
あ、爆弾ちゅうのは砂がいっぱい入ったしじみの事を言います。
これだけは除けようが無いので、店に非は無く仕方が無いんですが、口の中ジャリジャリになりました。

2007年03月24日

堪え性の無い

営業再開2日目でガマン出来なく買いに行く母と、体重がヤバいのにガマン出来なく食べてしまう息子。

不二屋のケーキ

近親憎悪でしょうか? たまにそういうお母んに、ものすご腹立つ時があります。

まあ、なんしか営業再開おめでとうございます。

2007年02月03日

出町ふたばさんの福豆大福

祇園かくかくにのマスターから快気祝いで出町ふたばさんの福豆大福を頂戴しました。

福豆大福

丁度節分の時期にこれとは、粋ですねえ(^.^)

出町のふたばさんと言えば、赤エンドウを使った豆餅が超有名ですが、出町まで買いに行くのはじゃまくさいし、行ったら行列に並ばんならんし、高島屋に夕方行ったら必ず売り切れてるしで、なかなか口に入んないんですよねえ。

070203b.jpg


定番の豆餅は赤エンドウを使ってるようで白地に黒粒ですが、福豆大福は大豆を使ってるのか大豆が黄金色に見えて豆餅より上品に見えます。

福豆大福、食べてみますとー

福豆大福

柔らかい外側は、かといって口の粘膜にへばりつくような鬱とおしさも無くプニプニで、甘さ控えめの餡とほんのり塩味の聞いた大豆がそれぞれの甘味、塩気をを引き立て合うように、一時流行った
「甘からず 辛からず」
という言葉がぴったりの美味しさです。

普通の大福なら1つがやっとの人でもこれなら3つは食べられるでしょう。
うますぎです。

→出町ふたばの地図を見る(googleMap)

2007年02月01日

中村楼

町内会の新年会で八坂神社の南の鳥居を入ったとこにある中村楼さんに行ってきました。

中村楼

祇園界隈でたぶん一番歴史ある料理屋さんで、この写真の門構えからもわかるように、建物もすっごく年季の入った建物なんです。

そう年季の入った、言い換えれば古い建物だ。という思い込みは玄関を入って奥の通された瞬間消え去りました。

すっごいモダンです。床は床暖房の入った石張りで、テーブル席数脚とカウンター席があり、カウンター席の後ろは広いガラス張りでライトアップされた日本庭園がとっても美しいんです。

入った途端思わず「えー? これなんですー?」とすっとんきょうな声をあげてしまいました。
ハズカシい。

うーん、この外観との差はホント凄すぎる。

そのモダンなお部屋ですが、カメラを持って行ってなかったので撮れませんでした。 ちゅうか携帯は持ってたんですがお部屋に圧倒されて写つさせて貰うの忘れました(^^; 

お店の大将が1年半ほど前に改装したと言うてはりました。

イス席ですし、年配の方や女性を連れていっても喜ばれるでしょう。
モダンな内装とは裏腹に料理はオーソドックスな日本料理でした(良い意味で)

予算は夜で1.5万円ぐらいな感じです。昼は横の茶店で豆腐の田楽やソフトクリームなども販売されてます。八坂神社へお詣りの際はちょっと一服されてもええかもしれません。

しかし最近の祇園は、新規に来はった店は古い町家をそのまま使いそれを売りにし、昔からやってる所はとってもモダンに改装されてる所が多いような気がします。

→中村楼(京都観光案内のサイト)

→この場所の地図(google Map)

2007年01月13日

節分販売用の塩イワシを

節分販売用の塩イワシをお昼ご飯時に試食しました。

節分販売用の塩イワシを

今年は(今年も?)品薄で、内地ものは去年のヒネしかないとの事で、これはアメリカ産の塩イワシなんですが、、、、

ん〜不味くは無いけどものすごく美味しい事も無い。脂のノリが75点ぐらいやー

去年のヒネを探して試してみるか。 でもヒネは苦いのがあるからな〜

難しいー。

と悩みつつ食べたおでんに

えび芋入りおでん

えび芋が入ってた。美味かった〜(^_^)

いも棒のえび芋よりおでんで煮込んでトロトロのえび芋の方が僕は好きです。

2007年01月11日

らむ亭さんのジンギスカン

070111a.jpg

ジンギスカンと言えば、兜を模したジンギスカン鍋で焼くもので、らむ亭さんにはジンギスカン鍋も売っているんです。
今回は簡易じんぎすかん鍋も一緒に購入したのですが、いざ使おうと思ったらうちにはジンギスカン鍋が乗せられるカセットコンロとか移動出来るコンロが無い事に気がつきました。
たこ焼き機は二台もあるのに(^^;

子供が小さく危ないので、鍋物などはキッチンで煮込んでから食べるようにしてました。 だから今までカセットコンロが必要無かった訳です。

ちゅう訳で今回はジンギスカン鍋を使わず、ホットプレートで焼きました。

送料込みでお得な牛肉輸入規制緊急対策セットにプラスしてジンギスカン《極》300gも注文してみました。

《極》は1頭の子羊から僅か400〜500gしか取れないとても貴重なラム肩ロースを贅沢に使ったジンギスカンです。

なんてHPに書かれりゃ、食いしん坊は買わずにはいられませんよねぇ。

ジンギスカン《極》300g
[ジンギスカン《極》300g]

肉厚で柔からく、臭みも少なくて美味しい〜(^_^)

携帯電話のカメラで撮影したら、普通はもっと不味そうに写るのに、こんなに美味しそうに写ってしまいました。

お値段も肉が225g(タレを除く)で1100円とグラム単価にすると500円を切ってる訳で、これだけの満足感を牛肉で味わおうとすると、たぶん100g/1000円以上の和牛を求めねばならず、<<極>>でありながらもリーズナブル。
うちのような子供が多くて食費がかさむ※1我が家には最適です。

※1.長男が小六となり、僕より食べるようになりました。ちゅうか帰宅後ご飯を食べようとしたらおひつがカラッポなんて事も数回ありました(T_T)


→らむ亭さんのHP

2007年01月06日

追悼の意を込めて

チキンラーメン

チキンラーメンを食べました。 ダシが薄くなると美味しく無いので水少ない目に作ったら、なんとも不味そうな出来上がりになってまいました。 卵も煮詰まり過ぎ。 百福会長ごめんなさい。

チキンラーメンが発売になった時代、現代のようにスーパーやコンビニなんて無く、食品販売業は「肉屋」「八百屋」「魚屋」と明確に取扱商品が決まっていて(特に市場など複数店舗が集まる所では他業種の物は扱わないとう仁義的掟があった)、インスタントラーメンは何処が扱うねん?と皆で協議したら、乾燥して水で戻して食べるからと乾物屋が商うのようになったと、昭和八年生まれ、旧制中学卒業後すぐ公設市場の乾物屋で丁稚を始めたうちの親父が言うてました。

当時は見慣れない商品の販促の為に日清からキャンペーンガールが来てイベントやってたそうです。 一袋35円が定価のところ、三袋100円で飛ぶように売れたと親父が申してました。 うどん玉が10円以下の時代にインスタントラーメンはずいぶん高価なものだったんですね。

2006年12月18日

安参で忘年会

商売柄12月はたいへん忙しいので忘年会のお誘いはほとんど断ってるんですが、今回は二つ返事で参加表明いたしました。

だって会場が

061218a.jpg

祇園 安参(やっさん)だったから。

061218b.jpg

祇園 安参(やっさん)と聞いて行かずにはおれない。

祇園を根城にしてる遊び人で、なおかつ肉が好きな人で、ここへ行った事が無いって人はいないでしょう。と言い切れる名店。

特に生肉が美味い。安参では刺身って呼んではりますが。

061218c.jpg
生肉って焼き肉屋とか韓国系の料理店が主流なんで、タレもあちゃら系ですが、ここは和風のタレで食べます。 鮮度が良いのか嫌な臭いがしないんですよねえ(^_^)

061218d.jpg
小鉢にドかーんと盛りつけて供してくれる九条ネギをたっぷりかけて(^_^)

061218e.jpg
黄身がからまってそのトロミと旨味といったら(^_^)

刺身を堪能した後に来たものは

061218f.jpg

ちょ、、、しゃぶしゃぶ四人前でこれって、、、真ん中盛り上がってるやん〜

以後、写真を撮るのも忘れてただ黙々とお肉と格闘しました。

ご馳走様でした。僕は幸せモノです。

→祗園 安参

2006年12月04日

鍋焼きオムライス

河原町通りを歩いているとカレーのいい臭いが漂う一角がございまして、これだけカレーの華麗臭を振りまいてる店なんだからさぞ凝ったカレーを食べさせてくれるんだろう、 いつかここへ食べにいったろと思いつつ、なかなか行けなかったのですが、先日ようやく行く事が出来ました。

地下にあるお店なんで、河原町通りに面した階段を下がって行くと入口ドアーの前でカレー粉を炊いてました。
、、、やられました(^^;

カレーを調理してるのでは無く、集客用に炊いて香りを振りまいてるんですよ。
しかも臭いが道路に出易い場所で。

鰻屋は煙で客を釣るそうですが、カレーでそれをまんまとやられました(笑)

だからといって帰る訳にも行かず、入店しメニューを開くと、食べ物メニューがカレーとオムライスしかありませんでした。
良く見たら喫茶店と書いてました。 なんとなくグリルと勘違いしてました。 臭いで。にゃはは(^^;

メニューを見てから思い出したのですが、昨夜の夕食はカレーライスでした。にも関わらずカレー臭集客装置に釣られる僕って、流石小学生の時「キレンジャー」と揶揄されてた事はあるなぁと納得しました。 まあただの肥満児だったという訳ですが。

そんな嫌な過去を思い出したからといって帰る訳にもいかず、2つあるメニューのうちもう一つのオムライスを注文しました。

ママさんと思しき人が、「ここに置いておいてねー、移動ささないでねー」と置いていった鍋敷き

061203a.jpg

ものすご焦げてるし(^^;
なんでオムライスにこんなもんがいるにゃ?と思ったのも束の間運ばれてきたのが

061203b.jpg

オムライスが土鍋に入ってました。超厚手の。

061203b.jpg

ものすご煮えてます。 グツグツ言うてます。 まるで鍋焼きうどんのようなオムライス。
何の予備知識も無く頼んだのでちょっとビックリしました。 レンズも湯気で曇りました。
でもフワフワの卵。美味しい〜 デミグラスソースも美味しいー。
最後まで冷めへん。 よう出来てるわーこれ。

んで予想外に美味かったのが、これ。

061203d.jpg

お焦げです。ケチャップライスの。土鍋だからこそ出来るお焦げ。たいへん美味でした。

んー前日にカレーライス食べてて良かったと、美味なるオムライスに出会えた事を感謝しました。

ただ難を言えば、一人前1000円というお値段の割に量がちょっと少なめに感じました。
でもカレー粉炊いて集客してる狡猾なお店さんですから、ちょっと足りないぐらいが一番美味しいというツボを押さえているのかもしれません(^_^)

喫茶 自遊人
京都市中京区河原町四条上ル東290-B1F
075-222-1156
場所はこのへんです

2006年11月08日

秋の味覚

061108a.jpg

「小さい小さいさつまいもって無いですか? いやお母んが好きですねん。店のストーブで焼きますねん」
そんな言うた本人も忘れてる一言を覚えてくれてて、送ってくれはりました。 徳島の美味しいもんばっかり取り扱ってはるウェブショップ「阿波のうまいやっちゃ」店長 阿波のおやっさん。

061108b.jpg

リクエストどおり、小粒の鳴門金時がぎっしり(^_^)
頂く事ももちろん嬉しゅうございますが、何気ない一言を覚えててくれるそのお心遣いが嬉しゅうございますねぇ。

頂いて数日置いてたんですが、急に寒くなった昨日ガスストーブを出しましたで、今日早速焼いてみました。

061108c.jpg

アルミホイルもなんもなし。ざっくばらんに焼いてます。

数分したら店内にあまーい香りがたちこめてきました。 売り物でも無いもの匂わして藤村屋ちゅうのはなんちゅう店でしょうか。

あかん、もうガマンならん。

リクエスト主のお母んを差し置いて、一本手に取りポッキン

061108d.jpg

うわー 黄金色やー。 まるでストーブの上の黄金の国ジパングに迷い込んだようや〜

と、季節の変わり目ゆえ脳みそ怪しい状態で、一口、口に含むと予想と一寸も違わぬ自然な甘味が口の中で「ぽわー」と。

「イモタコナンキンが好きな男もおるんじゃー」と、だしに使ったお母んを差し置いて食べた事の言い訳を叫びたくなるほど美味でした。

→阿波のうまいやっちゃHP

2006年10月27日

これがホンマの カニかまぼこ 舞鶴かに物語

京都は舞鶴のかまぼこやさん、嶋七さんの天ぷらを頂きました。
こんなにたくさん。うれしー(^_^) 

061027a.jpg

たくさん頂いた天ぷら、かまぼこの中から、家族に盗られんように真っ先に僕がキープしたのが


舞鶴かに物語
舞鶴かに物語

以前から食べてみたかったんですよ〜。いや、ホンマ。

061027a.jpg

さっそく開封してみました。
ホンマもんのカニヘッドがかまぼこ板に鎮座してはります。
なんか今まで見た事ないそのお姿に、思わずニンマリ(^.^)

061027d.jpg

板から剥がしてみると、甲羅の中にかまぼこがぎっしり入ってました。

、、、、これはどうやって食べるんだろう。。かにグラタンのようにスプーンですくって食べるんでしょうか?
と悩みつつ、端っこから箸を入れてみると、、おやや、意外と簡単に

061027e.jpg

ペロリと剥けました。 剥けた姿もカニヘッドそのまま。面白い〜
あんな不定形なものに、こんな綺麗にすり身をすり込むのって手間かかるし技術がいるんでしょうねえ。

小さく切り分けて食べようかと思いつつ、ここは豪快に丸かぶりしました。 

ほー。ふっくらしたカマボコ生地にかにの風味が生きてて美味い(^.^)

他の天ぷら、かまぼこもホンマ美味揃いで。 うちの親父は特にたこ天ぷらが気に入っておりました。

ご馳走様でした。

→京都・舞鶴 かまぼこ嶋七さんHP

2006年08月17日

ひさご寿司

京都のお盆と言えば、五山送り火

ちなみに大文字焼きとは京都市民は言わない

関係無いけど僕は子供の頃、今川焼は今出川通りにある店で売ってるから今川焼だと思ってました。

なんか話が違う方へ行きましたが。

ひさご寿司さんがお盆限定で作っていたと思われる(確証無し)大の文字をかたどった棒寿司

ひさご寿司

御精霊さん(おしょらいさん)の道案内に灯される五山送り火を食べ物にするなんて、なんちゅう罰当たりな!なんて全く思う筈も無く、美味しく頂きました(^_^)

一本に鯖やら鯛やら焼きハモやらが一切れづつ入っていろんな味を楽しめました。

ひさご寿司さんって河原町通に面してていっつもお客さんが並んでるように記憶してます。 狭い間口でお持ち帰り専門店かと思ってたんですが、店で食べる事も出来るんですね。知りませんでした。
高島屋、伊勢丹(いずれも京都店)にも出店されてるようです。

→河原町商店街HPのひさご寿司さん

ひさご寿司の続きを読む

2006年07月25日

稚児餅

三條若狭屋さんの稚児餅を頂きました。
毎年、還幸祭に際に宮本組の集合場所として場所を提供頂き、お接待頂き、稚児餅のお土産まで頂戴します。
三條若狭屋さん、ありがとうございます。

毎年、帰宅してから頂戴するのが楽しみになっております。
甘い和菓子が長距離を歩いて疲れた体を癒してくれます。

稚児餅パッケージ

正式な名称は祇園ちご餅というようですね。
厄よけ粽(やくよけちまき)を模したと思われるパッケージが祇園祭らしくて、ええ感じです。

稚児餅

開封した所。串刺し三本入りです。 

白味噌を甘く炊いたものを求肥で包み氷餅をまぶし竹串にさし、三本を1包みした祇園祭に伝わる銘菓です。
日持ちは約7日間。紙箱、絵馬箱,木箱、パック入り各種あります。
一包(3本入り) 262円税込
↑2006/7現在 三條若狭屋さんHPよりの引用情報

写真では大きく見えるよう写ってしまいましたが、実際には男で一口、女性で二口サイズの稚児サイズ、このぐらいが京菓子らしくお上品でよろしいかと存じます。
一口でパクつくと餅のシコシコっとした食感と風味の良い白味噌餡がお口の中でイングリモングリ絡まってたいへんオイシゅうございます。

ごちそうさまでした。


稚児餅の続きを読む

2006年07月12日

鍵善さんの甘露竹(かんろたけ)

鍵善さんの甘露竹を頂きました。

いわゆる竹筒に入った水ようかんなんですが、コレ子供の頃からの大好物で普通の羊羹と比べて喉越しの良さと控えめの甘さでなんぼでも食べられるもんで、当時は10本は平気で食べてました。
はい、子供の頃も今と同じ体型でしたよ(^^;

鍵善さんの甘露竹

最近は竹筒を模した樹脂製の容器に入ったものも他店ではありますが、あれは100%美味しく無いですねえ。賞味期限は長いようですが、不味ければ何にもならない。

ホンマモンの竹筒に入ってるのは、竹の爽やかな香りがいいんですよねえ。

鍵善さんの甘露竹

添付されてる千枚通しで裏に穴を開けます。 こういった一手間も子供心に楽しかったのを思い出します。

鍵善さんの甘露竹

穴が開くと、反対側から羊羹がツルルんと出てきます。これを皿に開けたりせず、そのまま吸い付くのが竹筒羊羹の醍醐味でんな。

「しゅるるる〜 すぽん」

てな具合に(笑)

荒気ない食べ方ですが、青竹の香りを楽しむもっとも合理的な食べ方なんだとMyルールになってます。

ご馳走様でした。

→鍵善良房HP

2006年06月22日

末廣屋さんの老松

藤村屋で水無月をお届け日限定で販売してるんですが、商談で末廣屋さんへ行った時に、ウィンドウに並んでる和菓子の誘惑に耐えきれず幾つか買い求めてきました。

まず一番に目についたのがコレ

末廣屋さんのあじさい
あじさい

季節感たっぷりですねえ。見た目に涼しそうです。

京都新聞朝刊でここ最近、一面の片隅に季節の和菓子が紹介されてる菓子ひなみという連載があって、毎日楽しみにしてるんですが、それにも掲載されてた末廣屋さんの上菓子です。

写真撮った後、ちょっと目を離したら子供に食べられてて味見が出来ませんでした(T_T)

060622b.jpg
わらび餅

タピオカ粉とか使った安物のわらび餅はプリプリしてますが、これは昔ながらの歯応え、、、ちゅうか口の中の粘膜応え、むっちょり張り付いてウマい〜。 きな粉もええ香りがしました。

他にも僕の大好物、味噌入り柏餅などを買って来て

060622c.jpg


和菓子まつりじゃー ひゃっほー

堪能しました。

おっと忘れてました。 末廣屋さんの代表的な和菓子老松

末廣屋さんの老松

小豆を粉にしてなんかつなぎ入れて固めて焼いたお菓子、、だと思う。 見た目に反してあまり日持ちがしないそうで、段々乾燥してくるので、適度にしっとりしているしている間に食べた方が良いみたい。

小豆の風味と程よい甘さ(イメージよりずっと軽い)、なんか懐かしい味。 生菓子なんですが、なんかおばあちゃんがカンカンから取り出して「さあおたべ」なんてくれるようなイメージの味です。

和菓子屋の癖に「スイーツ」とか時代に乗った商品を作るような軟弱者の店では、ぜったい作らへん味やなあ〜なんて思いました。

2006年05月06日

今西軒のおはぎ

今西軒のおはぎ

今西軒のおはぎをお土産に頂きました。

持って来てくれた方が「ご存知でしょう?」「すぐ売り切れる店なんですよ」とおっしゃったのですが、すんません。ぜんぜん知りませんでした(^^;

ネットで調べてみるといずれのサイトも「午前中で売り切れ」「電話予約が必須」などと書いてありました。
貴重な物を頂戴しましてありがとうございます。

子供の頃はおはぎが嫌いやったんですよ。中の餅米が、餅という程ついてなくご飯という程粒がしっかりしてない、ツブツブやのにネバー その中途半端加減がなんとも子供心に気持ち悪るかったんです。

それに別称ぼた餅の名のごとく、食べると餡の甘さが正にぼたんっとして胃がもたれるイメージがつきまとってたのです。
まあ、昔の話ですけどね。最近は「なんぼでもこーい」ですが。

今西軒のおはぎ、そんなに売れてるものならきっと何か秘密があるに違いないと思い、一口でパクッと食べてしまいたい衝動を押さえて真ん中を箸で切ってみて中身を確認しました。

今西軒のつぶ餡おはぎ

うは、餡の比率が多い。ちゅうか餡が多過ぎてバランスが悪いんとちゃうか?

ほれ、ありますやんか? ご飯とおかずのバランスちゅうたらええのか、美味しさの黄金律ちゅうたらええのか。

今西軒のおはぎは見た目餡が多過ぎて、食べる前にちょっと不安になってもうたんですよ。餡多過ぎで甘過ぎちゃうやろか? 胃がボタンともたれるんちゃうか?と。

と思ったのも束の間、食べてみるとその粒あんの滑らかさとさっぱりした甘さで、いっぺんに先の感覚は間違いであった事となってしまいました。

こってり甘いおはぎがお好みの方には物足りないと思いますが、今の時代の甘味レベルにマッチした甘さです。
甘みが口に残らずサッと引いて行きますので、普通の砂糖では無い、例えば和三盆なんかを使ってるのかも??知れません。
あ〜これは何個でも食べられるわ。美味なり。

粒あんの次は口直しにきな粉のを。 どこのおはぎでもそうですが、きな粉の方が甘みが少なくきな粉のきなこさ(?)で口の仕切り直しが出来るので、「餡」→「きな粉」→「餡」といつもこれを中に挿んで食べてます。
もちろん最後は渋い茶ですわね。

今西軒のきなこおはぎ

男なら一口で食べてしまえそうなそのサイズ、パクッといきたい衝動を押さえてこれも秘密を探る為に潰してみました。

ほんとはこんな事せんとぱくぱく〜と食べたかったんですが、これをくれた方がきっとこのブログを見ているだろう、しからばこれだけ堪能させてもらいましたよと表現せんとアカンという強迫観念がありまして(^^;

今西軒のきな粉おはぎを切ったところ

うは、こっちもご飯少ない。しかもご飯の中の大部分にこしあんが入ってるし。 う〜ん、ここまでやられると

「うちはあんこが自慢なんや! あんこ食べてみぃ〜 最高やでぇ〜」

という職人さんのコダワリや主張が伝わってきました。人はわかり合えるもんなんですね。 ホンマ。

で、こっちのきな粉も餡がスイートでくどくなくさっぱりと食べられました。
美味なり。ごちそうさま。

都合三つ、実はコレ昼食後に食べたのですが、難なく食べられました。空きっ腹ならこの三倍は食べられるかも、そんな今西軒のおはぎでした。

ごちそうさまでした。

今西軒
住所 京都市下京区烏丸五条西入ル一筋目下ル横諏訪町312(地下鉄烏丸線「五条駅」下車徒歩3分)
電話番号 075-351-5825

2006年05月05日

粽(ちまき)

今日は端午の節句という事で、おやつに粽と柏餅を頂きました。

ちまきと柏餅

左の二本組みのちまきは、貰い物で祇園石段下の鳴海屋さん謹製。
鳴海屋さんは赤飯も有名で、祗園町での祝い事と言えばたいてい鳴海屋さんの赤飯が配られてます。

右側の粽と柏餅は、うちが一番良く利用させて貰ってる祇園饅頭さん。

さて、皆さんはどうやってちまきの笹を外してます? きっと正式な作法はあるんでしょうけど、僕は

粽の皮をはぐ

左手で上を持ち、右手で外した紐をひっぱります。ちまきがブルブルブルンと回って壮快です(笑)

粽の笹を剥いたとこ

笹の緑と餅の白さの対比が食欲をそそりますねえ。 開いた瞬間に笹の清涼感のある香が広がります。

一昨年だったかGWに家族旅行で福井県にいって現地で粽を買ったら、餅がぜんぜん甘く無いので驚いた事がありました。石川県ではきな粉をかけて食べるそうですね。
ところ変われば品変わるですねえ。

でも、なんか昔と比べると餅が小さくなってるような気がします。 
きっと僕が大人になったらそう思うんでしょう。うんうん、そうしとこ(^^;

今年は祇園饅頭さんと鳴海屋さんを食べ比べてみて、鳴海屋さんの方が若干柔からく食べ易かったです。
でもそこの好みは人それぞれ、うちの母親は柔らか過ぎなんて言うてました。

ちまき

毎年、粽をよばれると思い出す子供の頃の記憶があります。
僕の父方の祖母は四国の人なんですが、京都に遊びに来た時、粽をお土産にあげたんです。
後日「粽の中がからっぽだった。あれはお菓子屋さんの見本と違う?」と電話がかかってきたんです。

京都好きな方ならここまで読んでピンときたと思いますが、お土産にあげたのはそう祇園祭の厄よけ粽だったのです。祖母は食べ物だと思ってほどいてしまったのですな(笑)

祇園祭の粽
これが祇園祭の粽です
まあその食欲があれば厄よけ粽が無くても大丈夫だった事だと思います。

2006年03月20日

森谷商店のコロッケ

神戸へ行ったついでに森谷商店のコロッケを買ってきました。

これも実はトコロテンをすすってる時にテレビの情報番組で紹介されてた店で、猛烈に食べたくなったものの一つです。
やっぱりひもじくトコロテンをすすってる時はグルメ番組は見たらあかんですね。

この店は神戸の肉屋でもっとも古く、神戸の精肉業界でかなり力を持った店だそうで。 最高級の神戸牛を扱いながらもコロッケなどはリーズナブルな価格設定が庶民の心を掴んで放さないとかテレビで言うてました。


元町駅から海側へ歩いて2〜3分、神戸らしい整った街並の角に森谷商店はありました。

森谷商店

朝10時前についたのですが、店員さんが店の前を掃除してはりました。京都弁(かな?)で言う所の「門掃き(かどはき)」です。
うんうん、感心だなあ〜
うちの近所では最近道を掃除する店がホンマ少なくなりました。 店の中はピカピカに磨きあげてはんのにねえ。

門掃きをしてるのはけっこう若い人、この店に丁稚に来て最初の数年は門掃きを含めてただひたすら掃除と雑用ばっかり。 数年間掃除だけの下積みをして初めて肉に触らせてもらえる。きっとそんな職人の世界が残ってるお店に違い無い〜と、勝手に想像しながら、信号待ちをしながら掃除の様子を眺めてました。

店内に入るとサシがびしっと入った旨そうな神戸牛がウィンドウに並べられており、思わず「こっち買うて帰ったろか」と思いつつ、サイフの中身が寂しかったので、当初の予定通りコロッケだけ買って帰りました。

森谷特製コロッケ    1個 ¥70
森谷特製ミンチカツ   1個¥110

確かに安い。有名店やのに。

森谷商店では揚げたものも店頭販売していて、神戸っ子は揚げたてをパクつきながら街をぶらついたりするそうです。
揚げたてをすぐ食べたら美味しいやろなあ〜

ゴクリ

でも歩きながら物を食べるなんてもっての他と礼儀作法のうるさい旧家に育った僕にはそれは出来ません(ウソ)
されとて、どんなに高級なコロッケでも冷めたコロッケはものすごくマズいので※1、生のものを買い求めました。
森谷商店のコロッケは冷凍されており、別料金となりますが、保冷バックにドライアイスを入れて包んでくれまあした。

三宮駅前の東急ハンズでソースも買ってきました。

060320c.jpg
ダイフク なにわ名物 串カツソース
「二度漬け禁止!」のキャッチコピーに惹かれました。 お味は、、、ちょっと薄過ぎ。なるほど「たっぷり漬けてや!」と書いてある通り、どっぷり漬けて使う用のソースだったようです。失敗した。
このソースは今度串カツをする時用に置いておく事にしました。

その日の晩ご飯に揚げたてを頂きました。
なるほど、普通に美味しかったです。 そんな特別な味では無く、昔からある肉屋さんのコロッケそのものでした。
後で気がついたのですが、普通のサラダ油で揚げるより、ラードで揚げた方がもっと美味しくなったかもしれません。
 
ただコショウが効き過ぎてて辛いと、うちのチビ達(小学生)には不評でした。

お前ら、親父がピロシキとコロッケを大量に買い込んで腕ちぎれそうになりながら持って帰って来たのに、文句言わずにありがたく食べやがれでございますよ。。。と思いました。

森谷商店の公式サイト→ http://moriya-kobe.co.jp/
上記サイトから通販可能です

森谷商店のコロッケの続きを読む

2006年03月15日

モンパルナスのピロシキ

「ぐっとかみしめてごらん マ〜マのあたたかい心が お口の中にしみと〜るよぉ〜♪」

と聞いて「あ、パルナス!の歌やろ?」と僕と同世代の関西人なら十中八九答えてくれる超有名CMソングがあったんですよ。

今から30年程前でしょうか?子供の頃、日曜の午前中、アニメ番組の途中に流れていたそのCMは、ものがなし〜いメロディーをBGMに白黒だかカラーだかフィルムが痛んで色落ちしてるだけなのか、ちょっと怖い赤ん坊のアップとかロシアの宮殿の切り絵とか、なんしか強烈な記憶を関西の子供達に植え付けました。

パルナスは不二屋やタカラブネのような関西ローカルのお菓子チェーン店で、CMもやはり関西ローカルで流れていたようです。

そのCMで「ロシアはおとぎの国」「パルナスはモスコワ(モスクワ)の味」という事はわかったものの、京都にはあまり出店してなかったようで子供の頃は全く食べた事が無かったんです。パルナスの味は知らないままでした。

「いつか立派な大人になってパルナスでモスコワの味を堪能してやる」

子供心にそう誓ったものの、時は経ちいつしか子供の頃の想いもパルナスCMの記憶と共に薄れていった訳です。

が、何の因果か急にパルナスのCMを思い出し、いや、急に思い出す事がちょくちょくあるほど、強烈なCMだったのですが、

そうなるともう、いてもたってもいられなくなりネットで情報をかき集めてみると多くのファンサイトを発見し、やはりあのCMを鮮烈に覚えてる人がホンマ多いってのがわかりました。なんか嬉しいなあ〜(^.^)

が、しかしパルナスは2000年に営業終了しているという衝撃の事実に突き当たりました。

「ええ〜、食べられへんの?モスコワの味? もう二度と??? ほんまに?」

もう数年早くパルナスを調べておれば、モスコワの味を大人買いで堪能しつくせたのに。。。。2000年、、もう6年も経過している。

ああ日々を無駄に過ごしてもうた、なんぼでもパルナスに行く余裕はあったのに。。出来る事なら時をもどしたい。

僕がどれだけ落胆したか想像出来るでしょうか? 自分のドジさを呪いましたよ。マジで。

が、捨てる神あれば拾う神あり、パルナスの社長の弟さんの「モンパルナス」という店が尼崎にあり、そこでピロシキを食べられるという情報を発見しました。

いてもたってもいられねえ。さっそく尼崎へ行って参りました。

阪神尼崎駅の改札を出、左に曲がるとすぐにその店はありました。お店は駅舎のテナントでした。

モンパルナス

モンパルナス

うん、間違い無い、確かにモンパルナスと書いてある。

モンパルナスの店内

入ってみると右手にパン、正面のウィンドウに洋菓子が、まさにあのCM通りの品揃え。ここが夢に見たパルナスか!!(実際は全く別の店だがそう思いこみたかった)
うう、感動です。

ウィンドウの奥に調理場があり、まさに今、夢に見たピロシキが製造されてます。ううたまらん。
出来たて熱々を食べないなあ〜。せっかくなら。

店の3分の2は喫茶スペースとなってて、ご夫人のグループやら、地元のおっちゃんが一人で新聞広げながらコーヒー飲んでたりと地域密着型のお店という感じがしました。 まあ阪神尼崎という観光地でも何でも無い土地柄では当たり前なんでしょうそうけど。

お店のお姉さんに「ピロシキはここで食べられますか?」と尋ねたら「はいどうぞ」と言われましたので着席しました。

ピロシキとアイスコーヒー

ピロシキ二つとアイスコーヒーを頼みました。すぐに出てきました。

ピロシキ

朝食を食べずに来たので腹ぺこぺこです。うう、もうガマンならん。頂きます〜

外側はサクサク、生地はモチモチ、上手に揚がってます。

中身の具は

ピロシキの中身

卵、ミンチ、タマネギ、、他にもなんか入ってるかも。これをコショーでシンプルにうまく味付けしてあります。

ん、うまい。遠いとこ来た甲斐があった(^.^)

ネットで調べた限りでは、パルナスオリジナルのピロシキとは別物と断言してるサイトもあったのですが、オリジナルを知らない僕には夢に見た味そのままでした。

土産に20個ほど持ち帰り、翌日、翌々日と4つ僕の胃袋に納まりました。

へ?ダイエットですか。
そんな事言うてた時もありましたねえ〜(遠い目)

→美味しいピロシキ、パン/モンパルナスHP

→パルナス非公式ページ
→パルナス思い出の館
→大阪読売新聞 ピロシキ VS 豚まん

モンパルナスのピロシキの続きを読む

2006年03月11日

ジョンソンビル ソーセージ

夕方に関西ローカルの情報番組を見てたら、兵庫県にあるホットドッグ・カフェ ブラッツ岡本店のものすご美味そうなホットドックが紹介されてまして、そのホットドックで使われているソーセージがジョンソンビルというアメリカのトップメーカーのソーセージやそうなんです。

こっちはダイエット中でトコロテンをすすりながら見ているというのに、コメンテイターとして出演している掛布さんが、これまた美味そうに完食しよる訳です。うう辛いのう〜
「あんた、そんな事してるから阪神の監督になれへんねん!」と悪態ついてその場はやり過ごした訳です。

それでガマンできるほど僕は人間が出来てませんので、近々神戸へ行く用事もあるので食べに行ったろかいなとネットで調べてみたら、ありましたジョンソンビル のHPが。

サイトを調べているとブラッツ岡本店はジョンソンビルのアンテナショップみたいで、ウィンナー自体はネットで取り寄せ出来るようなので、すぐに注文しました(^^;

ジョンソンビル ソーセージ

辛いダイエット生活の悪影響か、ついついかごに入れまくってこんなにぎょうさん買ってしまいました(汗)

たくさんの種類があるんですが、買ったのは


生タイプのオリジナルブラットワースト


スモークの香ばしい香りがするらしいスモークドブラットワースト

日本向けに作られた塩分控えめのグリルドブラットワースト

の三種類

さっそく晩ご飯に焼いて見ました

ジョンソンビル ソーセージ 焼き上がり

う〜ん、なるほど、これがアメリカの味か。 日本のウィンナーより脂が少ないような。それゆえ口当たりが若干パサパサするような気がします。
しっかり肉肉しいのに、ライトな風味でたくさん食べてもあまり胸焼けしないような、そんな感じです。

ダイエット中のここ数日は、ご飯も茶碗半分、おかずも少ない目の辛い日々が続いてますが、大量に買ったので、「そんなに食べたかったの」と嫁さんが多めに盛りつけてくれました。 温情を無駄にしてはイカンと完璧に完食しました。ごっちゃんです。

日本のウィンナーって食べ過ぎると、なんか後に気持ち悪いゲップが出たりしますやん? そういうのんが一切ありません、ほんまに食べやすいソーセージでした。

サイトには豊富なアメリカンレシピが公開されてます。
買い過ぎによりまだまだ残ってるウィンナーはアメリカンドックにしてみると嫁さんがいうてました。


→ジョンソンビルのウィンナーをお取り寄せ

2006年03月06日

いづ重さんの蒸し寿司(お持ち帰り用)

祇園石段下にさば寿司の美味しいいづ重さんというお店があるんですが、季節限定メニューの蒸し箱というちらし寿司の蒸し寿司があるんです。

真冬に寿司というとなんだか寒々しい感じがするんですが、いづ重さんの店内で食べる蒸し箱は、もうこれ以上蒸せませんというぐらいいほっかほかに蒸してあるので、「ハフハフ」いいながら食べるとホンマ体の芯まで温まるんです。

食べるのに夢中でハッと気がつけば鼻水垂れてました。。。ちゅうぐらい美味なんですが、残念な事にいづ重さんの店で無いと食べられない、お持ち帰りメニューに無い逸品でした。

そんな常連さんの無念を声を店主が汲み取ってくれたのか、レンジでチンすれば出来上がるお持ち帰り用の蒸し寿司が出来たちゅうのでさっそくよばれてみました。

蒸し寿司
花をあしらったデザインの化粧紙を剥がすと

蒸し寿司
厚手のポリプロピレンの容器が使われてます。

いづ重さんの蒸し寿司
容器の横に穴が見えるんですが、フタの部分をくるりと回すと

いづ重さんの蒸し寿司
本体とフタの穴がピタリと一致します。 包装紙の裏に説明書きがあって、持ち運びの際は穴をずらして乾燥しないように、レンジでチンする時は穴を開けて蒸気が逃げるようにと設計されてるようです。 なるほどねえ。

いづ重さんの蒸し寿司
底にはこのように仕切りがあって、この下に少し水を入れる事で電子レンジであのいづ重さんの店頭でしか食べられなかった蒸し寿司が簡単に再現出来るという訳です。

いづ重さんの蒸し寿司
これがレンジでチンする前の蒸し寿司。 上に乗ってるのは、海老、イカ、穴子、キクラゲ、グリーンピースですね。 イカが生なのでピカピカに光ってます。

ご飯の温め直しなら、1分30秒ほどでいいんでしょうけど、いづ重さんのあの、チンチンに熱い蒸し箱を再現する為に4分強温めてみました。

いづ重さんの蒸し寿司

蒸し上がりました。 イカに熱が通り純白になり、海老は美味しそうにクルリンと丸まってます。 豪快にあがる湯気が食欲をそそります。

写真を撮る時間が勿体ない。もうアカン、いただきますぅ〜
フーフー、ハフハフ、ウグウグ、、、、旨い。やられた、これは見事です。美味すぎる。
もうこれ以上のレポートは不要だと思います。
すみませんが食べるのに専念させていただきます。

フーフー

ハフハフ

アチッ、アツツ

ウグウグ

ゴックン


うま〜( ´∀`)

フーフー


ハフハフ

ウグウグ

ゴックン

うま〜( ´∀`)

ごっちゃんでした。 

あ、鼻たれてるのに気づかず食べてました。

まあ外違うて家やしええか(^^;

ハッ、、、、もしかしていづ重さんは僕みたいなハナタレの為にお持ち帰り用を作ってくれたのかも。
もしそうなら凄い、いや凄すぎる気遣いです。

→祇園いづ重HP

2006年02月04日

節分メニュー

「そんな風習知るか!」「海苔屋の陰謀やんけ」と嫌っていた丸かぶり寿司、今年はついに食べるハメに。 ちゅうか藤村屋で販売したものが一本だけ余ったので仕入れ担当者の責任として食べたんですが。

丸かぶり寿司

コンビニの陰謀で関東はおろか全国津々浦々まで節分の風習として定着しつつあるそうですが、関西ではテレビCMで夜な夜な「ことしのえほうはなんなんとぅ〜♪」と洗脳電波が発せられ、「最早これまで」と抵抗する気力さえ失せてしもたのも正直なトコです。

節分メニューの続きを読む

2006年01月20日

春の珍味 氷魚

初春になると、ホタルイカとかカマスゴ、ノレソレなんかの魚系珍味が出てきますきゃけど、これも美味しい春の旬味です。

氷魚
氷魚

春の珍味 氷魚の続きを読む

2006年01月01日

頭芋(かしらいも)

京都の雑煮は丸餅の白味噌仕立て。 関西食文化圏内はおおむね白味噌雑煮なんです。 はいこんな感じですね。

060101b.jpg

金時人参の赤も奇麗で紅白で奇麗にまとまったこのお雑煮の中には、実は恐ろしい魔物が潜んでいるのです。

頭芋(かしらいも)の続きを読む

2005年09月27日

北島選手の実家「きたじま」のメンチカツサンド

土曜日に京都高島屋のデパ地下物産市新聞チラシに「きたじまのメンチカツサンド」とあり、これって水泳の北島康介の実家のんとちゃうん?と思ったのですが、チラシには最高の売り文句になる筈の「オリンピック」とか「北島選手」のキャッチコピーが一切書いて無く、思い違いか?と思いつつそのまま忘れてしまっていたのですが、僕以上に食いしん坊の藤村屋お母んが高島屋に行ったついでにしっかりゲットしてきてました。流石です(^^;

きたじまのメンチカツサンド

北島選手の実家「きたじま」のメンチカツサンドの続きを読む

2005年09月09日

牧成舎のモナカアイス

牧成舎という飛騨高山の乳製品屋さんのモナカアイスがこちら関西ローカルのテレビで紹介されていたので、購入してみました。

牧成舎のモナカ パッケージ

世界文化遺産 飛騨白川郷を思い起こすかのような渋いパッケージデザインです。

牧成舎のモナカアイスの続きを読む

2005年09月05日

信州蕎麦(きのこ)

立山黒部アルペンルート 大観峰のロープウェイ乗り場で食べた信州蕎麦。

信州蕎麦

立ち食い蕎麦でしたが、麺はしっかりコシがありました。 ダシが関西風と関東風のちょうど中間ぐらいで、僕にはちょっと醤油辛く感じました。 カマボコが可愛い(^_^)

飛騨牛の朴葉味噌焼

中央自動車道 恵那峡サービスエリアで食べました。

050903a.jpg

朴葉味噌はご飯に乗せて食べる方法しか知らんかった僕には衝撃のお味でした。絶品でした。 ご飯が何杯でもいけそう(^_^)

2005年08月23日

ひよ子

ネットのお客様からひよ子をお土産に頂戴しましたので、美味しく頂きました(^_^)

ひよ子

ひよ子の続きを読む

2005年07月13日

いづ重さんのさば寿司

祇園には全国的に有名なさば寿司専門店がありますが、いづ重さんはその店で修業した職人さんが暖簾分けしてもらって出来たお店です。 といってもすでに創業100年を越えてますので、元は同じであったであろう両店のさば寿司の味は100年の時を経てそれぞれ独自の進化をとげてる訳です。僕は本家のサバ寿司はどうもサバが生々しくて口に合わなくて、いず重さんのの方がお気に入りです。 

いづ重さんのさば寿司の続きを読む

2005年06月30日

ミニ水無月

6月30日は僕の誕生日、そして京都では水無月という和菓子を食べる日でもあります。ゆえに子供の頃よりバースデーケーキなるオシャレなモノで誕生日を祝ってもらった記憶などなく、ただ水無月を食べた思い出だけがあるのみでございます。

ただ今年の水無月はちょっと変ってました。

ミニ水無月

「あんた最近太り過ぎやしな。これで丁度ええやろ」
家族のやさしい気遣いが心にしみます。 ちゅうか余計なお世話やねん(T_T)

普通の水無月の四分の一の大きさであります。四切れ食べて一切れ分。見事に一口サイズでございます。
小豆の乗ったベーシックな水無月と白小豆に抹茶ういろう、一切れ分の量で二つの味が楽しめるのが唯一の救いでございます。。。。

縁起物ぐらい腹いっぱい食べたいもんです。。。

2005年05月05日

竹香さんでご飯食べ

4日に娘の十三参りに行ったのでその祝いもかねて家族全員三世代で、祇園は白川にある広東料理の竹香さん(たけか)でご飯食べしてきました。

竹香さんは、おおばあさんが祇園町から出てはっただけあって、お座敷前の舞妓さんが食べはっても大丈夫なようにニンニクなど臭いのキツい食材は一切使わはりません。広東料理という事もあいまってコテコテの中華料理が好きな人には向きませんが、あっさりした口当たりや立地条件からは考えられないリーズナブルな価格で安心して満腹になれる料理屋さんです。女性に特におススメです。

050505m.jpg
竹香さんに行ったら絶対食べる「大蝦の巻き揚げ」。ハムを挿んだエビを天ぷらにしてあんかけにしてあります。絶品です。この料理も酢豚にしても竹香さんの「あん」はほんと絶品なんですよ。 酢豚の後に小エビの天ぷらが出たんですが、酢豚のあんにからめて食べました。

竹香さんでご飯食べの続きを読む

2005年05月03日

どんぼ(とり貝)

トリ貝

春先にだけしか食べられないどんぼ
寿司ネタや酢みそ和えなんかによく使うトリ貝は開いてミソ(内蔵)などを取り出し、茹でてあるんですが、これは開かずミソが入ったまま茹でてあります。見た目は魔女の帽子のようなんですよ。

どんぼ(とり貝)の続きを読む

2005年04月28日

竹の子とじゃこの炊いたん

竹の子とじゃこの炊いたん

少し辛めに炊き上げております。お茶漬けに最適です。

ちなみに
050428b.jpg

昨日も頂きました(T_T) 山科産巨大竹の子。
、、、ウプっ

2005年04月23日

今日は(汗)竹の子ご飯

050423.jpg

竹の子修業継続中です。

2005年04月22日

今日も竹の子

きんの竹の子が続くと日記に書いたら、今日も宅急便で届きました。

竹の子

洛西塚原産 高級竹の子 いわゆる白子筍

で、今日の昼ご飯もまた
050422b.jpg
若竹煮(T^T)     ごっちゃんです


2005年04月21日

たけのこ

毎年この時期になると複数の方から竹の子を頂くんですよ。
 
竹の子

竹の子は好きなのでとってもありがたいんですが、それがいつも一時に集中するので食卓には毎日竹の子が並ぶようになります。
竹の子ごはん、若竹煮、竹の子のかつお煮、竹の子と生節のたいたん、竹の子の天ぷら、竹の子の木の芽あえ、、、、
今日は若竹煮でした。
050420.jpg

竹の子大好きな僕もそこまで続くと流石に「また竹の子ですか。。。」と段々嫌いになってくるのです。
「またかいな。もう勘弁してくれ〜」と嘆願しても「水煮にしといたかて、もたへんさかいなあ」とのお母んのごもっともな意見。くうぅ〜(T^T)

まあカロリーは低いそうなんで、ダイエットの助けにはなるやもしれません。

ちなみに竹の子の上に乗ってる山椒の葉、ツブツブが付いてますがこれが山椒の花。
春先になるとこれだけ摘んだものが出回りますがものすご〜く高いです。 でも佃煮にするとぴりっと辛くて劇ウマなんですよねえ。

2005年04月09日

いちご煮で炊き込みご飯

先日いただいたいちご煮で炊き込みご飯を作りました。

いちご煮の炊き込みご飯

、、、ものすご美味い。 うますぎ。 程よくちらばったウニが写真で見えるでしょうか? ああ生きてて良かった。
このいちご煮の炊き込みご飯をベースにイクラやらカニやら北海産高級素材をたっぷりのせた海鮮丼を作る野望を抱いてしまいました。

2005年04月06日

超麺

超麺である

050406b.jpg

うどんの革命である。すごいのである。

050406c.jpg

熱湯で2分ほど茹でて冷水で麺をしめ食べてみた。 確かに普通のうどんに比べてシコシコしてるし歯応えも良い。
ん〜しかしながら讃岐うどんなどは、その食感を出す為に手打ちでやったり打って数時間経過したものは廃棄したりしてるのであるから、タピオカ澱粉など添加物でそれを再現しようというのはやはり邪道であると感ずる。

おまけに京都産のゆでうどんがシコシコしてるのもある意味妙であるし。

サンプル提供されたものでありますが、販売はしないでおきましょう。

2005年04月04日

甘泉堂さんの五しきもなか

050404e.jpg

五しき、、、五色。皮は真っ白なのに五色と書いてあるんで中の餡が五色なんか?と開封してみた。

050404f.jpg

、、、普通に白あん。。。

疑問を抱きつつ袋の裏を見ると
・緑色 柚あん
・茶色 小豆こしあん
etc、、、
と書いてありました(^^;

僕が食べたのは・白色 大納言白あんのようでした。

2005年04月01日

名古屋新名物

親父が京都中央市場で仕入れて来たんですが。。。。

えび天いなり寿司
名古屋新名物 えび天いなり寿司

天むすからヒントを得た商品だとは思うのですが、えび天といなり寿司を一緒に食べる意味が最後まで見いだせませんでした。 いなり寿司ひっくり返してエビ天乗せてるだけやし。
パッケージに書いてある「名古屋新名物」、、、意気込み過ぎやし。

2005年03月25日

いちご煮でラーメン

「南部郷土料理 せんべい汁美味しかったですよ。日記の記事にしちゃいました(^_^)」と八戸在住のお客様に御礼メール差し上げたら、記事を読んで頂いて、すぐさま今後はいちご煮を送って下さいました。

いちご煮
ああ、しまった。なんか要求したような形になってしまった。もうすぐ40歳やのに、まだまだ配慮が足りません。反省です。

と、しおらしい事を言いつつも、またもやこちらでは手に入らない珍味をゲットし心は踊りまくりで(^_^)(^_^)

最初いちご煮と聞いて、果物のいちごを煮たジャムのような物を想像してしまったのですが、これはうにとあわびを使った贅沢なお吸い物です。青森県の名物郷土料理だそうで、複数のメーカーが商品化しており、今回送ってもらったものはお客様ご推薦の久保田商店のいちご煮でした。
現在楽天市場でもここのメーカーのは入手出来ないようです。→楽天市場でいちご煮を探す

さて、どうやっていちご煮を堪能させて頂こうかしらん。 ストレートにお吸い物で頂くのもええんですが、八戸のお客様はいちご煮と筍の漬物で炊き込みご飯にされるそうです。んん〜美味そう。頂いた缶にも磯風味ご飯として炊き込みご飯の調理法が掲載されてます。他には茶碗蒸しとかラーメンも美味しいと。
、、、、ラーメン、ラーメンに決定です。

いちご煮でラーメンの続きを読む

2005年03月22日

南部郷土料理 せんべい汁

お客様で青森県八戸市在住のネットショップのお客様より「話の種にご賞味下さい」とせんべい汁を頂戴しました。
名物の南部せんべいは食べた事があるのですが、これは初めて。楽しみです。

南部郷土料理せんべい汁

カップ麺スタイルになってます。パッケージには

南部せんべい、岩手県産赤鶏肉、野菜、特製醤油スープが入ったあったかいみちのくの味わい

と書いてあり、期待はいやがおうにも高まります。

南部郷土料理 せんべい汁の続きを読む

2005年03月20日

串刺しぬれおかき

兼六園の入口にぬれおかきの串に刺したんが売ってました。
050320p.jpg

観光客の財布の紐は依然として堅く、手軽な値段で歩きながら食べられるものがよく売れてるそうです。どこの観光地へ行ってもいろんな種類のソフトクリームが売ってますよね。あれはそれです。 このおかきを串に刺してるこれもそれ狙いの商品でしょう。
ちなみに京都の錦市場には胡瓜の漬物を串に刺したんが売っているとか。

藤村屋のお母んは「まあまあええ歳した奥さんまで歩きながらもの食べてはる。日本人も質が落ちたわあ〜」が口癖で、この場にお母んがおらんかって良かったと思いました。

かんぽの宿山代の料理

前回の家族旅行もかんぽの宿を利用したのですが、味を占めて今回もまたかんぽの宿を利用しました。 何故かんぽの宿を使うかというと、ズバリお値段がお安いのでございます。

かんぽの宿は基本的に宿泊費と料理代が別になってるんです。宿泊の約1ケ月前に申込書が郵送されてきますので、その時に数種類あるメニューからをオーダーを入れておくのです。もちろん料理無の素泊まりも選択出来ます。和食だけでは無くて洋食もありますから、家族一人一人が好きな物を食べられます。同じ部屋に泊まれば料理は皆同じという料理旅館のあの堅苦しさが無いのです。

例えば今回の宿泊費、連休の一泊二日二食付き大人2名、子供4名で6万円程度の支払いでした。しかも僕の夕食は1万円のを頼んでますので、通常クラスの料理なら5万円前半で納まる計算となります。 一般的なホテルで連休に宿泊するとこの人数構成では最低8万円、満足グレートのホテルなら10万円以上かかります。

かんぽの宿、施設は中レベルの温泉ホテルor旅館と同じぐらい。ものすごく豪華ではありませんが、貧乏くささを感じるレベルでもありません。

かんぽの宿山代ロビー
かんぽの宿山代のロビー

僕は宿泊時は寝てる時間の方が長いので嫌悪感を感じず安眠出来ればホテルのグレードにはあまりこだわりません。
かんぽの宿は簡保に加入してたら誰でも利用出来ます。簡保に加入してなくても利用は出来ますが、割高料理金を請求されます。

かんぽの宿山代の料理の続きを読む

金沢近江町市場で回転寿司

安くて美味い店が集まってるという金沢の近江町市場へ行きました。日曜日という事もあり、市場内の店のほとんどがお休みだったのですが、雰囲気は昔ながらの市場って感じで、京都の錦市場みたいに観光市場化も進んでおらず平日にもう一度訪れてみたいと思うなかなか渋い市場でした。

カニなど海鮮ものを取り扱ってる店は観光客目当てなのか何件か開店してはりました。でもほとんどのお客が食事目当てなのか、禁漁期直前だったせいなのか、ぜんぜん売れてる様子がありませんでした。

050320d.jpg

海鮮丼が安くて美味いと有名な井ノ弥へ行く予定をしてたんです。 が、金沢入りしてどっこも観光せず直行したのに、AM11:30ですでにこの状態でした(^^;

井ノ弥

並ぶのは大嫌いなんで、他になんぞええとこないかいな?と近江町市場内をうろついて行列が出来て無い店を発見。そこへ入りました。

金沢近江町市場で回転寿司の続きを読む

2005年03月08日

ルタオさんのドゥーブル フロマージュ

深夜番組の松伸で「全国のうまいもの」として紹介されてたので、放送中にすぐルタオさんのサイトにアクセスしました。が、ぜんぜんつながりませんでした。羨ましい状況になってるようです。

翌日アクセスするとトップページに

現在多くの方にご注文をいただき、お電話が通じにくかったり、配送に1ヶ月以上かかるなどご迷惑をおかけしております

と、案の定注文殺到状態である事を容易に想像させる謝罪文が掲載されておりました。
羨ましいこってす。

まあ、いますぐ食べんと死ぬという訳でも無いので、とりあえず目的の

ドゥーブル フロマージュ 2個入り : 1 × 2,730円
と、好物の
ダックワーズ 12個入り : 1 × 1,785円 = 1,785円
ついで買いで
ドゥ・ミエル 10個入り (ラベンダー5個・ショコラ5個) : 1 × 1,470円
を2005年2月2日に注文しました。

アナウンス通り商品が届いたのは三月の初旬になりました。しかし商品が届いた翌日に「商品を出荷しました」というメールが届きました。注文殺到でかなり混乱されてるんでしょうねえ。 いや〜羨ましい。


ドゥーブル フロマージュ
ドゥーブル フロマージュ

濃厚なチーズケーキと申しましょうか、サイトには

ベイクドクリームチーズにイタリアのチーズを代表するマスカルポーネのレアチーズを重ねています。チーズによる贅沢な二重奏、まろやかで奥深く、コクのある味わいをぜひお楽しみください。

と、書いてあります。 食べたら実際そのままの(まろやかで奥深く、コクのある)味でした。 すんません、他に思い浮かぶコメントが(^^;

あ、そうそう。うちの長女はチーズが嫌いなんで、一口食べて断念しました。 僕はピザのような熱で溶けたチーズとチーズケーキは食べられるので「これはチーズの味では無い、チーズケーキの味なんだ」と念仏を唱えらながら食べました。そうしないとやばいぐらいチーズの味が濃厚なんですよ。
、、、なんて書くと不味いようですが、チーズが好きなその他家族は「美味い〜」といいながらパクついてました。

一緒に買ったダックワーズも美味でした。ドゥ・ミエルは、、、ん〜普通かな。

→小樽洋菓子舗ルタオ

あ、そうそう、余談ですが、ルタオさんが紹介された回の松伸で、紳介がやたら「土○さんのきざみすぐきが美味しい」を連呼してまして、そのあおりでけっこう売れました。刻みすぐき
メーカー名を言ってもらった土○さんにはルタオさんのように注文が殺到したでしょうね。ああ羨ましい。 誰か松伸サイトから藤村屋の商品を推薦して下さいませm(_ _)m

2005年03月03日

ひな祭りの食卓

ひな祭りの料理と言えばとりあえず欠かせない
はまぐりのおつゆ
蛤のお吸い物

以前、あるお茶屋さんに聞いたんですが出汁をとる暇が無い時は、蛤を水に入れコショウを大目に入れ炊くと蛤の吸い物が素早く出来るとか。 一度試してみましたが、蛤からだしが出るので足りない分をコショウでごまかすという感じの味でした。 不味くは無いので一度試してみて下さい。

050303w.jpg
ちらし寿司

これ写真で見ると小皿に見えますが、海老とかタコが大きいのですごい量でした。堪能しました(^.^)
一般家庭ではスーパーで売ってるゆでダコを使うのがほとんどだと思いますが、あれはタコ本来の味が全くありません。 一度生ダコを購入して茹でたものを召し上がって下さい。タコというのはこんなに甘かったのか、、、驚かれるかと思います。

食後に出て来た。。。。。
050303p.jpg

「桃の節句になんで洋菓子やねん(怒)。ひちぎりやろが〜」と吠えたかったんですが、吠えたら食べさせて頂けませんので、大人しく黙って食べました。

2005年02月27日

びりけんのたこ焼き

特にここを目指して行ったのでは無く、たまたま通りがかったら美味そうだったので食べてみました。

びりけんのたこ焼き

場所は烏丸北大路通を東に入った所、アーケード街の中にあります。ビブレのある北大路タウンや地下鉄北大路駅からすぐ近く。 持ち帰りがメインのようですが、狭い店内にテーブルが4つほどあるので中で食べる事も出来ます。

メニューは飲物以外はたこ焼きオンリーで、8個入り500円と6個入り400円があり、ソースを甘・中辛・辛口の3つから選べます。

最近のたこ焼きの流行なのか、びりけんさんのたこ焼きも例に漏れず、粒は大きめ(二口で食べられるぐらい)、楊枝で刺したらすぐに口に運ばないと下に落下するぐらい中身はトロトロでという物でした。 これはこれで美味しいとは思うんですが、、、、僕の好みは外側をカリっと焼き上げ一口でパクッと食べられるサイズのたこ焼き。これが最近なかなか無いんですよねえ。やっぱ焼くのに時間がかかるからかなあ〜(T_T)

店名の「びりけん」は通天閣にある事で有名な守り神ビリケンさんが由来の模様。店内メニューにビリケンさんの画がありました。

→Yahoo!グルメの紹介記事 びりけん

2005年02月21日

シャルムさんのアップルパイ

福知山に講演へ行った時に参加しておられたシャルムさんがお土産にと下さったアップルパイ。
シャルムさんのアップルパイ

早速食べてみて、「ん〜美味いんやけど、なんか一味足りない」と思ってシャルムさんのサイト見に行ったら

アップルパイと言えばシナモンというくらい、そのほとんどに入っているんですよね。
そこで!!
シャルムではシナモンを入れずに甘さもおさえた、素朴でどこか懐かしく、温かくてやさしい味に仕上げました。

シャルムさんのアップルパイの続きを読む

2005年02月20日

日本海カニツアー

オンラインショップ仲間5名で日本海へ蟹を食べに行ってきました。

車窓から

途中、雪がぱらつく悪天候でしたが、なんとか現地まで車でたどり着けました。

050220f.jpg

荒波と風がすっごい冬の日本海。こんな海で育ったカニ、身が締まって美味であるに間違い無かろうと確信したのでありました。

京都府網野町の海舟という旅館でお昼のコースを楽しみました。少し狭めですが温泉もありますので食後に楽しむ事が出来ます。海沿いの温泉らしくお肌がヌルっとする泉質でした。

050220a.jpg

まずは向付、かにもずくから頂きました。もずくは目の細かい針もずくでした。能登産かな?太いものよりねばりがあって僕は好きです。
酢味が更に食欲をかき立てます。

日本海カニツアーの続きを読む

2005年02月19日

中国の家庭料理

福知山ITセミナー2005「オンラインショップまつり」に招かれまして、その第二部、懇親会で京都創成大学の中国人留学生が作ってくれた中国の家庭料理、すなわちリアル&ローカル中華料理が振る舞われました。

実はひさびさの講演という事でビビってしまい断ろうかと思ってたのですが、懇親会で中華が、それもなかなか食べる機会が無い家庭料理が頂けると主催者さんに聞いて講演を受けてしまいました。すみません。

050219b.jpg
学食で行われた懇親会。 大学の学食に入るのって数十年ぶり(^^;

中国の家庭料理の続きを読む

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  | All pages