2010年03月28日

清水山の手入れに行ってきましたよ

京都伝統文化の森推進協議会という組織がありまして、概要は協議会のサイトを見てもうたらわかるんですが、なんしか京都市民は町中から山が見えへんと精神不安定になるんです。

町中におっても、どこかの辻に立ったら北山とか東山とか西山とか探すんどす。 最悪それらが見えへんかっても頭一つ飛び出てる比叡山を見る事でなんや気分が安らぐんですな。

僕自身、パソコン作業で目が疲れたら毎日四条通りの突き当たりにある八坂神社西楼門の朱色が映える東山の緑を見て一休みしたりしてるんです。


そんな大事な東山がこれからも末永く奇麗な山であって欲しいと思うてる訳ですから、招集がかかったらものすごデブ症、、もとい出不精な僕でも山に登る訳ですな。

20100328RIMG0355.jpg

日曜日の午前9時に清水寺の裏側に集合、簡単な説明を受けヘルメットなど装備品を受け取りました。

20100328RIMG0356.jpg


清水寺の子安の塔に近い裏道から山道に入り
20100328RIMG0359.jpg

20分ほど歩いたら清水山山頂につきました。

20100328RIMG0364.jpg

林床整備・除伐の作業の説明を聞いて作業開始。

広葉樹を伐採して見通しが良い歩き易い山にします。
大きな木はノコギリで、小さい枝は剪定ばさみで落として行きます。

20100328RIMG0365.jpg
ちょうど今春から高校入学でクラブ活動などが無いので息子を連れてきました。
このぐらいの年になると大人並みに働きますなぁ 黙々と作業してます。

清水寺の和尚様も参加されておりまして、額に汗をにじませながら作業をされてました。

20100328RIMG0376.jpg
作業終了後に京都府府会議員の荒巻隆三先生と記念写真をパチリ。

先生も汗をダラダラ流しながら黙々と作業されてました。
お互い少しぐらいは腹がヘッコンだかもしれませんなぁなんて談笑させて貰いました。

作業はお昼前に終わり、昼から東山についての現地勉強会があったのですが、息子が帰りたがったので残念ながら下山。

一緒に作業してた荒巻先生は山について勉強がしたいからと残られました。

ええ汗かきました。また機会があればぜひとも参加したいです。

京都伝統文化の森推進協議会ではサポーターを募集されてはりまして、参加してみたい方は下記サイトをご覧下さいませ。
http://www.kyoto-dentoubunkanomori.jp/oubo/sanka.html

trackbacks

trackbackURL:

comments


神戸人もそうなんですよ。
裏山の六甲山があっての毎日。

遠方から帰ってきて、車窓に六甲山が見えるとほっとするって市民は多いです。
そして、六甲山をよりよくするために活動している市民もまた多いのですよ。

--------------------------------
  • 八代目さんのコメント
  • 2010年04月10日 19:25

コメントおおきにです。

先日神戸の大丸に行ったらエスカレーターに「山側 海側」って書いてあってビックリしました。

海も山も都市部からすぐ近くにある神戸、ホントいい町ですね。

--------------------------------
comment form

(八代目日記 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form