2009年06月02日

泣かぬなら メディアが多いな ホトトギス

今日は本能寺の変、信長の命日なんですね。


戦国武将・織田信長の17代目の末裔(まつえい)として知られるフィギュアスケート男子の織田信成(22=関大)が1日、京都市中京区の本能寺を参拝。信長が1582年(天正10)の「本能寺の変」で非業の最期を遂げた因縁の地で、10年バンクーバー五輪での“天下統一”へ向け気合を入れた。

「私は誰それの子孫」と言われると「ホンマかいな?」と思いますが、この人は絶対に信長の子孫やと顔見て思うた人は僕だけでは無いハズ。


で、織田信成はんがお参りしはった本能寺、ただ今、改修中です。

改修に寄進すると、大日本スクリーンが開発した半永久的に消えない印刷技術で瓦に名前を印字する事が出来ます。

歴史に名を残す名刹の瓦に自分の名前なんて、なかなかのロマンを感じませんか?
もちろん信心が一番大切なんですが。

また、古い瓦を希望者に販売して改修費に充てるなんて事もされてるそうです。
こちらは生け花の器などにも使えるかもしれません。

なんでそんな事をセッセとブログに書いているかというと、うちは本能寺の檀家でして。
この不景気なご時世、御寄進が十二分に集まればええなぁ、、、なんて(^^;

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■ 法華宗 大本山 本能寺
TEL:075-231-5335
〒604-8091
京都市中京区寺町通御池下る下本能寺前町522
本能寺軒巴瓦のページ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(八代目日記 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form