2008年03月21日

京都東山花灯路とgoogle

京都東山花灯路へ行ってきました。

080321a.jpg

ちゅうか雅楽のお稽古が八坂神社であったので、その帰りにちょっくら寄っただけなんですが。
出不精なもんで"ついで"が無いと、おいどがものすご重いんです(^^;

080321b.jpg

八坂神社を抜けて円山公園へ進むと

円山公園と花灯路

公園の中に普通の灯籠よりちょっと大きな灯籠がいっぱい建ってました。

大きな灯籠

近づいてみると

080321e.jpg

なんとGoogle提供の灯籠でした。 igoogleアート灯籠だそうです。

google提供

グーグルではアーティスト iGoogleを体験してもらうキャンペーンを展開する。3月14日から23日まで、京都の清水寺から青蓮院までの散策路を彩る「東山花灯路」において、アーティストスキンをモチーフにしたアート灯籠を京都市東山区の円山公園に展示する。


あれれ、僕もiGoogleをスタートページに設定してますが、スキンが交換出来るのには気がつきませんでした。

080321g.jpg

灯籠一つづつにアーティストが作ったテーマが入っており、中でくるくる回ってました。
これは手塚治のテーマ。アトム誕生のシーンですな。

080321h.jpg

テントに人だかりが出来てたので近づいてみると


080321i.jpg

巨大なgoogleマップがありました。
正式にはタッチパネル式Googleアートマップというそうで、googleマップさながら、拡大縮小スクロールでグリグリ動く京都東山花灯路の案内板になってました。

Googleは今年から花灯路に協賛したらしいですが。

うーむ、こういう風にリアルやニュース番組なんかででGoogleのロゴをしょっちゅう見るようになると、何となくそら恐ろしいもんを感じます。 もうなんか全ての情報は、いずれGoogleが情報統制出来るような巨大なものになってゆく、、、ような。
考え過ぎですかね? 考え過ぎですな(^^;

でもやっぱ、日の丸検索エンジンは必要やと思います。



→igoogle

→「iGoogle」がアーティストとコラボ、リリー・フランキーらがデザイン

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(八代目日記 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form