2007年05月15日

パクリ発見

中国の国営遊園地のキャラクターパクリ事件を、「中国ってまだまだ民度が低いよね」的に上から見た勝ち誇り報道が先週各テレビ局で見られました。 コメンテーターが「日本も昔はあったんですが」なんてコメントしてましたが、日本でもまだまだ草の根レベルではパクリ、著作権侵害はいくらでもあります。
特にコピーしやすいデジタルデータのネット社会では。

藤村屋も過去何度も商品画像をパクられましたし、知り合いのオンラインショップさんなんかページ丸ごとパクられたって人もおられました。

もうこれはある意味仕方の無い事と諦めモードですが、こんなのを見ると脱力して抗議する気も失せるのであります。

http://www.rakuten.co.jp/gintengai/687228/687353/687356/#694350

うちがネットショップ立ち上げ当初からほとん変えずに使ってるのがこれ
  ↓
http://www.fujimuraya.com/shopping/shop/fujimuratoku/e0009.html

商品紹介コメントを思いっきりパクられてます(T_T)

どうせパクるならオリジナルの京都弁バリバリな所までパクりなはれ。
いや、むしろオリジナルを越える気概で、松山弁バリバリで書き換えてあるってんなら逆に笑って許してあげれるちゅうねん。「ぞなもし」とか付けて。

しかし同じ商品売ってたら、あんたがうちの商品ページ見つけたように、いつか自分もパクったページ見つかるって事考えへんのですかねえ〜。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(八代目日記 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form