2007年04月08日

京都御所春季一般公開に行ってきました

ちょうど桜が満開なので、鴨川を散歩がてら京都御所春季一般公開に行ってきました。

団栗橋からの眺め

9時半に家を出て、徒歩3分の団栗橋からの南向きの鴨川の眺め。 土手には桜が満開で、たくさんの人がノンビリと過ごしてはりました。

ちなみに北向きは
桜と四条大橋

四条大橋が見えます。

団栗から土手に降りてどんどん北上すると、あーほんま桜が満開。

桜


鴨川のアオサギ

アオサギですな。鴨川にはけっこう野鳥がいるんですよ。

070408c.jpg

コサギが羽をばたつかしてると思ったら

070408d.jpg

小魚をくわえてました。 オイカワかな?

鴨川二条の菜の花

二条あたりまで行くと、菜の花がいっぱい咲いてました。ほんま春ですねえ。

鴨川の菜の花

野鳥を見、花を見、撮影しながらのんびり歩いてたら、丸太町手前で10時半になってました。ヤバいのんびり歩き過ぎ。 御所の一般公開は午前9時から午後3時までなのですが、今日は11時から蹴鞠が見られるんですよ。 このまま歩いてては間に合いそうも無いので、川端通りに出てタクシーをひろい、一般公開の入場口のある宜秋門に近い烏丸中立売まで行きました。

070408h.jpg

入場前の手荷物検査。物騒な時代になりましたねぇ。

土曜日の一般公開に行った帰りに藤村屋に来てくれはった観光のお客様が「まあ凄い沢山の人でしたよ」とおっしゃってたんですが、「まああの広い御所の事、人で身動きならんってまでの事は無いだろう」とタカをくくってたんですよ。 でも実際行ったら、身動きは出来たものの、ほんと沢山の人でした。 
宜秋門

一般公開入口の宜秋門。 この門だけで僕の自宅より遥かに広い(^^; 比べる方がアホですが。

月華門

月華門 重厚という言葉が頭をよぎります。 蹴鞠の解説をしてるようなマイクの声が遠くから聞こえてきて、行ってみると

070408k.jpg

すごい人だかり。。。。まったく蹴鞠は見えません。 遠くに離れてみてもひたすら平な御所内の事、全く見えません。 ああお巡りさん、ちょっと台に登らして下さいなんて言える筈も無く、蹴鞠を見るをは諦めました。

両手 \(^O^)/ 必死で手撮りしたのが↓これです。

070408v.jpg


紫宸殿

一番見所、紫宸殿。 は〜、なんや「ありがたや〜」と手を合わしたくなるような雰囲気が。世が世なら僕のような下々には立ち入る事も叶う筈も無い場所が見られるんですから、ええ時代に生まれたもんです。

御学問所前の御行庭

070408n.jpg

裏側から見た御学問所

たった二日間の春季一般公開でしたが、今年は桜が最高に美しい時期にバッチリ当たってました。得をした気分です。

ここまでで、ノンビリ見学して一時間ほどかかりました。

皇宮警察の消防車

清所門を出た所に普通のとはカラーリングの違う消防車が停まってました。皇宮警察と書いてありました。ココでは消防署管轄では無く皇宮警察が消防も担ってるんですかね。

070408u.jpg

途中、タクシーを使ったものの、結構歩きました。 「だいぶカロリーを消費したな」と思った矢先、門を出た所で俵屋吉富さんのお茶席があったので一服してしました。
お茶菓子は俵屋吉富さんイチオシの雲龍。 息子が「美味しかったしお土産に買うて帰ろう」と言いましたが、藤村屋の近所、祇園に一年ほど前から出店してはるんで、「いつでも買えるやん」と雲龍は買わずに、三条若狭屋さんの稚児餅を買って帰りました。

ちなみに御所は普段でも予約すれば見学する事ができます。
写真などじっくり撮りたいなら、特別公開では無く、予約して行った方が良いのかも

→京都御所HP

trackbacks

trackbackURL:

comments

  • はしもとさんのコメント
  • 2007年04月14日 21:29

最近、書き込む機会が無く御無沙汰をしておりました。ずっと拝見はしていたのですが・・・。
春ですねぇ〜。桜・菜の花を見るとつくづく感じます。河原に咲いているのは正確には菜の花では無いという話を聞いたことが有りますが、それは無粋というものでしょう。私は明日、百万遍の知恩寺の手作り市に家族で出かけたいと思っています。

--------------------------------
  • 八代目さんのコメント
  • 2007年04月16日 20:45

はしもとさん、コメントおおきにです
>河原に咲いているのは正確には菜の花では無い

あらそうでしたか(^^;失礼しました。

>百万遍の知恩寺の手作り市

そんなんやってるって知りませんでした。毎月15日ですね。次日曜日に当たるのは、、、7月ですな。メモメモ

--------------------------------
comment form

(八代目日記 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form