2007年03月21日

セカンドライフ

インターネットって毎年新しい技術が生まれ、流行り、進化してます。
普通にネットショップのおっさんをやってると、すぐに浦島太郎になってしまうため、出来るだけ講習会などに参加して勉強するようにしてます。

先日は神戸へ講習へ行ってきました。
受講している自分の姿をもし、学生時代の恩師が見たら「この人本物?」て思うか大感激してくれるかどっちだろうとしょもない事を考えながらも、しっかりメモを取りつつ真面目に受講してきました。

受講中


この日のテーマの一つがセカンドライフ
http://secondlife.com/world/jp/

ネットでのキラーコンテンツになりうると、この日の講義でも紹介されてましたし、いろんなニュースサイトでも褒めちぎられてたりするんですが、その度にうさんくささを感じてしまいます。

●ゲーム内通貨「Linden」はアメリカの本物の通貨との相互交換が可能

運営会社が潰れたらどうなるの?

●土地が買える

運営会社の胸先三寸で、供給過剰にも不足にも出来るバーチャルな土地が品薄で値上がり傾向って?
「日本語版が公開されるとまた値上がりするかも」と、慌てて土地を買ってる人を見るとなんとも(^^;

●有名企業が参入
ユーザー先行より企業が先行してる時点でうさんくさい。 大手広告会社やIE企業がセカンドライフセミナーなんてやってる時点でうさんくさい。

この日の講義で「セカンドライフ上では結婚も出来るんですよ」と講師さんが熱く語ってましたが、そんなもん、オンラインゲームでは以前から普通に行われてますし目新しい事でもなんでない。
「だから結婚式場とかの結婚産業がセカンドライフ上で生まれ・・・」
やっぱ企業主導で胡散臭い(^^;

と、現時点で否定ばっかりしてますが、人に否定されるものほど画期的な物である場合もあるので、試しに一回やってみようとは思ってます。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(八代目日記 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form