2007年02月03日

出町ふたばさんの福豆大福

祇園かくかくにのマスターから快気祝いで出町ふたばさんの福豆大福を頂戴しました。

福豆大福

丁度節分の時期にこれとは、粋ですねえ(^.^)

出町のふたばさんと言えば、赤エンドウを使った豆餅が超有名ですが、出町まで買いに行くのはじゃまくさいし、行ったら行列に並ばんならんし、高島屋に夕方行ったら必ず売り切れてるしで、なかなか口に入んないんですよねえ。

070203b.jpg


定番の豆餅は赤エンドウを使ってるようで白地に黒粒ですが、福豆大福は大豆を使ってるのか大豆が黄金色に見えて豆餅より上品に見えます。

福豆大福、食べてみますとー

福豆大福

柔らかい外側は、かといって口の粘膜にへばりつくような鬱とおしさも無くプニプニで、甘さ控えめの餡とほんのり塩味の聞いた大豆がそれぞれの甘味、塩気をを引き立て合うように、一時流行った
「甘からず 辛からず」
という言葉がぴったりの美味しさです。

普通の大福なら1つがやっとの人でもこれなら3つは食べられるでしょう。
うますぎです。

→出町ふたばの地図を見る(googleMap)

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(八代目日記 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form