2007年02月20日

大吉タクシー

こないだ四ツ葉のクローバータクシーが好評なヤサカタクシーに乗っ
たら、降りしなにポチ袋に入った5円玉をくれはったんです。

070218.jpg

なんや「大吉タクシー」とか言うて30台だけ受験シーズンに合わせて走ってるそうで。

貰ってみるとしょうもないモンですけど、なんかええ事ありそう、そんな嬉しい気分になるグッドサービスでした。

2007年02月19日

名付けで悩む

ちょっとええ鯛の子が手に入ったので、お母んに炊いてもらいました。

tスケソウダラの魚卵を炊いたもの


味見してみたら予想通り、市販品にありがちな「パスパス感」も無く、ツブツブがしっとりしてて美味しかったので、ネット販売しようと思ってるんですが商品名の決定で悩んでます。

ちゅうのは「鯛の子」ちゅう名称がグレーやからです。

「鯛の子」として魚屋さんの店頭で売られるのはほとんどが「スケソウダラの魚卵」で、ホンマもんの鯛の魚卵では無いからです。 

でも

俗称として「スケソの子=鯛の子」は定着してるし、おばんざいの名称としても「鯛の子のたいたん」は定着してます。

で、どういう名前で売るのが一番ええのかすんごい悩む訳です。

●魚卵の炊いたん
、、、味もシャシャリも無い感じ

●スケソの子の炊いたん
、、、なんか不味そう

●たらこの炊いたん
塩たらこを炊いたようなイメージ

●もみじ子の炊いたん
一見綺麗だけど、地域によっては塩たらこを炊いたようなイメージ

んー京都以外ではいったいコレをどう呼んでるんでしょうか?

わからんー

名付けで悩むの続きを読む

2007年02月05日

Amazon ポイント

PS3でSACDが聞けるのですが一枚も持って無いのでアマゾンで購入したら、買い物カゴに見慣れない文字が。

Amazon ポイント

前からあったAmazonギフト券が本やCDまで還元対象になって名称も変わったんですね。 2月1日から。
楽天ブックスの金額に関係無く送料無料キャンペーンが終わったタイミングに合わせたんでしょうか?

でも

Amazon ポイントの一部だけを支払いに利用することはできません。Amazonポイントを支払いに利用する場合は、貯めたポイント全額をご利用ください

とか

仮ポイントが確定ポイントに変わるタイミングは商品の発送日から目安として40日後です。

など、大手ショツピングモールに比べると使い勝手が悪そうです。

2007年02月03日

出町ふたばさんの福豆大福

祇園かくかくにのマスターから快気祝いで出町ふたばさんの福豆大福を頂戴しました。

福豆大福

丁度節分の時期にこれとは、粋ですねえ(^.^)

出町のふたばさんと言えば、赤エンドウを使った豆餅が超有名ですが、出町まで買いに行くのはじゃまくさいし、行ったら行列に並ばんならんし、高島屋に夕方行ったら必ず売り切れてるしで、なかなか口に入んないんですよねえ。

070203b.jpg


定番の豆餅は赤エンドウを使ってるようで白地に黒粒ですが、福豆大福は大豆を使ってるのか大豆が黄金色に見えて豆餅より上品に見えます。

福豆大福、食べてみますとー

福豆大福

柔らかい外側は、かといって口の粘膜にへばりつくような鬱とおしさも無くプニプニで、甘さ控えめの餡とほんのり塩味の聞いた大豆がそれぞれの甘味、塩気をを引き立て合うように、一時流行った
「甘からず 辛からず」
という言葉がぴったりの美味しさです。

普通の大福なら1つがやっとの人でもこれなら3つは食べられるでしょう。
うますぎです。

→出町ふたばの地図を見る(googleMap)

2007年02月01日

中村楼

町内会の新年会で八坂神社の南の鳥居を入ったとこにある中村楼さんに行ってきました。

中村楼

祇園界隈でたぶん一番歴史ある料理屋さんで、この写真の門構えからもわかるように、建物もすっごく年季の入った建物なんです。

そう年季の入った、言い換えれば古い建物だ。という思い込みは玄関を入って奥の通された瞬間消え去りました。

すっごいモダンです。床は床暖房の入った石張りで、テーブル席数脚とカウンター席があり、カウンター席の後ろは広いガラス張りでライトアップされた日本庭園がとっても美しいんです。

入った途端思わず「えー? これなんですー?」とすっとんきょうな声をあげてしまいました。
ハズカシい。

うーん、この外観との差はホント凄すぎる。

そのモダンなお部屋ですが、カメラを持って行ってなかったので撮れませんでした。 ちゅうか携帯は持ってたんですがお部屋に圧倒されて写つさせて貰うの忘れました(^^; 

お店の大将が1年半ほど前に改装したと言うてはりました。

イス席ですし、年配の方や女性を連れていっても喜ばれるでしょう。
モダンな内装とは裏腹に料理はオーソドックスな日本料理でした(良い意味で)

予算は夜で1.5万円ぐらいな感じです。昼は横の茶店で豆腐の田楽やソフトクリームなども販売されてます。八坂神社へお詣りの際はちょっと一服されてもええかもしれません。

しかし最近の祇園は、新規に来はった店は古い町家をそのまま使いそれを売りにし、昔からやってる所はとってもモダンに改装されてる所が多いような気がします。

→中村楼(京都観光案内のサイト)

→この場所の地図(google Map)