2007年01月06日

追悼の意を込めて

チキンラーメン

チキンラーメンを食べました。 ダシが薄くなると美味しく無いので水少ない目に作ったら、なんとも不味そうな出来上がりになってまいました。 卵も煮詰まり過ぎ。 百福会長ごめんなさい。

チキンラーメンが発売になった時代、現代のようにスーパーやコンビニなんて無く、食品販売業は「肉屋」「八百屋」「魚屋」と明確に取扱商品が決まっていて(特に市場など複数店舗が集まる所では他業種の物は扱わないとう仁義的掟があった)、インスタントラーメンは何処が扱うねん?と皆で協議したら、乾燥して水で戻して食べるからと乾物屋が商うのようになったと、昭和八年生まれ、旧制中学卒業後すぐ公設市場の乾物屋で丁稚を始めたうちの親父が言うてました。

当時は見慣れない商品の販促の為に日清からキャンペーンガールが来てイベントやってたそうです。 一袋35円が定価のところ、三袋100円で飛ぶように売れたと親父が申してました。 うどん玉が10円以下の時代にインスタントラーメンはずいぶん高価なものだったんですね。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(八代目日記 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form