2006年12月04日

鍋焼きオムライス

河原町通りを歩いているとカレーのいい臭いが漂う一角がございまして、これだけカレーの華麗臭を振りまいてる店なんだからさぞ凝ったカレーを食べさせてくれるんだろう、 いつかここへ食べにいったろと思いつつ、なかなか行けなかったのですが、先日ようやく行く事が出来ました。

地下にあるお店なんで、河原町通りに面した階段を下がって行くと入口ドアーの前でカレー粉を炊いてました。
、、、やられました(^^;

カレーを調理してるのでは無く、集客用に炊いて香りを振りまいてるんですよ。
しかも臭いが道路に出易い場所で。

鰻屋は煙で客を釣るそうですが、カレーでそれをまんまとやられました(笑)

だからといって帰る訳にも行かず、入店しメニューを開くと、食べ物メニューがカレーとオムライスしかありませんでした。
良く見たら喫茶店と書いてました。 なんとなくグリルと勘違いしてました。 臭いで。にゃはは(^^;

メニューを見てから思い出したのですが、昨夜の夕食はカレーライスでした。にも関わらずカレー臭集客装置に釣られる僕って、流石小学生の時「キレンジャー」と揶揄されてた事はあるなぁと納得しました。 まあただの肥満児だったという訳ですが。

そんな嫌な過去を思い出したからといって帰る訳にもいかず、2つあるメニューのうちもう一つのオムライスを注文しました。

ママさんと思しき人が、「ここに置いておいてねー、移動ささないでねー」と置いていった鍋敷き

061203a.jpg

ものすご焦げてるし(^^;
なんでオムライスにこんなもんがいるにゃ?と思ったのも束の間運ばれてきたのが

061203b.jpg

オムライスが土鍋に入ってました。超厚手の。

061203b.jpg

ものすご煮えてます。 グツグツ言うてます。 まるで鍋焼きうどんのようなオムライス。
何の予備知識も無く頼んだのでちょっとビックリしました。 レンズも湯気で曇りました。
でもフワフワの卵。美味しい〜 デミグラスソースも美味しいー。
最後まで冷めへん。 よう出来てるわーこれ。

んで予想外に美味かったのが、これ。

061203d.jpg

お焦げです。ケチャップライスの。土鍋だからこそ出来るお焦げ。たいへん美味でした。

んー前日にカレーライス食べてて良かったと、美味なるオムライスに出会えた事を感謝しました。

ただ難を言えば、一人前1000円というお値段の割に量がちょっと少なめに感じました。
でもカレー粉炊いて集客してる狡猾なお店さんですから、ちょっと足りないぐらいが一番美味しいというツボを押さえているのかもしれません(^_^)

喫茶 自遊人
京都市中京区河原町四条上ル東290-B1F
075-222-1156
場所はこのへんです

trackbacks

trackbackURL:

comments

  • はしもとさんのコメント
  • 2006年12月06日 19:09

ふとしたはずみで拝見するようになりました。
当方は西京極在住の会社員44歳、二児の父親です。
京都の人間なので、祗園には特別の思いが有り、ここに書かれている祗園のお店などの話を楽しく読ませてもらったり、ある時は共感(パルナスの件等)したり、ついつい引き込まれております。
これからも幅広いお話を楽しみにしております。

--------------------------------
  • 八代目さんのコメント
  • 2006年12月06日 20:10

はしもとさん
コメントありがとうございます。なんやハズカシいです(^^;
ほぼ同世代ですね。今後とも宜しくです。

--------------------------------
  • はしもとさんのコメント
  • 2006年12月06日 23:36

こちらこそ、宜しくお願いします。
実際に御会いすると話が合わないかもしれませんが、いろいろと共感出来る部分が有り、コメントを書き込ませて戴きました。例えば私も始めに京都が出てきていたのがきっかけで「龍」を読み始め、パルナスのコマーシャルが記憶に残っていて一度は口にしてみたいと思っていましたし、食べ物に関する思いも近いものが有るようですし、但し体重は当方は相当オーバーしているのですが・・・・。では、また。

--------------------------------
comment form

(八代目日記 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form