2006年08月17日

ひさご寿司

京都のお盆と言えば、五山送り火

ちなみに大文字焼きとは京都市民は言わない

関係無いけど僕は子供の頃、今川焼は今出川通りにある店で売ってるから今川焼だと思ってました。

なんか話が違う方へ行きましたが。

ひさご寿司さんがお盆限定で作っていたと思われる(確証無し)大の文字をかたどった棒寿司

ひさご寿司

御精霊さん(おしょらいさん)の道案内に灯される五山送り火を食べ物にするなんて、なんちゅう罰当たりな!なんて全く思う筈も無く、美味しく頂きました(^_^)

一本に鯖やら鯛やら焼きハモやらが一切れづつ入っていろんな味を楽しめました。

ひさご寿司さんって河原町通に面してていっつもお客さんが並んでるように記憶してます。 狭い間口でお持ち帰り専門店かと思ってたんですが、店で食べる事も出来るんですね。知りませんでした。
高島屋、伊勢丹(いずれも京都店)にも出店されてるようです。

→河原町商店街HPのひさご寿司さん

ひさご寿司の続きを読む

2006年08月07日

COOLPIX P4買いました

ず〜と愛用してたCASIO EXILIM M1、ほんま気にいってたんですよ。 難なく胸ポケットに入るカードサイズや、バシバシ撮れる速写性能、そして何よりMP3プレイヤー機能、ちょっとおでかけや旅のお供に必ずEXILIMを携帯してました。

しかし単焦点レンズゆえ画質が最近の携帯電話内蔵カメラより悪く、ミュージックプレイヤー機能も携帯に実装された今、EXILIMを使う機会が段々減って来てました。

そんな折り、「最近のコンデジ(コンパクトデジタルカメラの略らしい)は画質が凄い」という話を聞き、メインに使ってる一眼タイプのFinePix6900Zも古い機種なもんで、記憶媒体がスマートメディアの容量不足で旅行なんかに行ったらすぐにカードフル状態、でもスマートメディアの値段が高いままなんで買い足す気にも慣れず、銀塩時代のレンズ資産がミノルタのαなもんで、でもSONYのα100を買うのは初号機ゆえにちと怖い、、なんて感じで自分でイロイロ「コンデジを買わなくてはならない理由」をひねり出して(^^;一台買い足す事にしました。

で、流石売れ線商品帯のようで似たような製品が各社からいっぱい出てて、迷いに迷った結果、特に特徴は無いものの画質は最高という評価の多かったNIKONのCOOLPIX P4を買いました。

COOLPIX P4

コンデジの現在の流行は手ブレ補正と暗いとこでも写せる高感度のようですが、COOLPIX P4には高感度撮影機能はありません。
でもライバル機種に比べて1万円ほど価格が安かったのが、機種決定の要因になりました。

「これが欲しい」という買い方では無く、「まあこれでええわ」という買い方でした。

なんか昔は惹かれたメーカーが言う「新機能、高機能」に冷めてしまいました。その機能で前の機種とどんなけちゃうねんとか、数ヶ月したらもっとええのん出るやんとか思うと高値の最新機種よりちょっと型落ちばっかり狙うようになってきました。 歳いったせいでしょうか?

んでCOOLPIX P4、画質は確かにサイズからは考えられない程いいんですが、気に入らない点が多々。

060807b.jpg

この撮影モード選択ダイヤルが柔らか過ぎて、ケースから取り出すとあんまり使わないようなモードになってたりします。 「あっシャッターチャンス」と慌てて取り出して撮影を開始すると動画モードになってたりとか(^^;
簡単に回らないように、もっと硬くしといてくれるか、AUTOのとこだけカチッと引っかかってくれたらと思います。

あと、デザインがなんちゅうか、、、、銀の豚ちゅう感じなんですよね。ポテッとしてて。厚みがあるし。 なんか丸こくてスベスベでグリップしにくくて、試し撮りの時、和菓子をマクロ撮影したら手滑らして、ボディーが餡まみれになってまいました。、、、レンズやったらと思うと、、、ホンマやばかった(^^;

あ、そうそう、それと、充電はいちいちバッテリーを取り出さないといけないのもじゃまくさい。 EXILIMや携帯電話みたいにクレードルで充電出来たら嬉しかった。

と、気に入らない部分は多々有るものの、当分使っていこうと思ってたのも束の間、友人がブログでCOOLPIX L101という限定品を買ったと自慢してるのを見て、そのお値段と必要十分な機能、そして何よりかっちょええブラックボディーに(銀豚とえらい違いだ)「あー僕もこっち買ったら良かった(T_T)」と悔しい思いをした次第でございます。

やっぱ妥協でモノ買ってはいけませんねえ。


2006年08月03日

ハンカチの花

近所のおうどんやさんが新装開店だったので、贈らせて貰いました。

ハンカチやタオルで出来てます。

友人の父君の初盆が近づいてたので、その分も頼もうとしたら忙し過ぎてお盆に間に合わないと断られました。
その忙しさ、藤村屋にも分けて下さい。

ハンカチに別れの意味が無ければもっとバカ売れしてる事でしょう。実際よく出来てます。

届いた〜

060803b.jpg

つけて町を歩く勇気はまだありません。