2006年07月25日

稚児餅

三條若狭屋さんの稚児餅を頂きました。
毎年、還幸祭に際に宮本組の集合場所として場所を提供頂き、お接待頂き、稚児餅のお土産まで頂戴します。
三條若狭屋さん、ありがとうございます。

毎年、帰宅してから頂戴するのが楽しみになっております。
甘い和菓子が長距離を歩いて疲れた体を癒してくれます。

稚児餅パッケージ

正式な名称は祇園ちご餅というようですね。
厄よけ粽(やくよけちまき)を模したと思われるパッケージが祇園祭らしくて、ええ感じです。

稚児餅

開封した所。串刺し三本入りです。 

白味噌を甘く炊いたものを求肥で包み氷餅をまぶし竹串にさし、三本を1包みした祇園祭に伝わる銘菓です。
日持ちは約7日間。紙箱、絵馬箱,木箱、パック入り各種あります。
一包(3本入り) 262円税込
↑2006/7現在 三條若狭屋さんHPよりの引用情報

写真では大きく見えるよう写ってしまいましたが、実際には男で一口、女性で二口サイズの稚児サイズ、このぐらいが京菓子らしくお上品でよろしいかと存じます。
一口でパクつくと餅のシコシコっとした食感と風味の良い白味噌餡がお口の中でイングリモングリ絡まってたいへんオイシゅうございます。

ごちそうさまでした。


稚児餅の続きを読む

2006年07月16日

岩戸山でちまき売り2

みやこ子ども土曜塾主催の祇園祭体験に子供の付き添いで行ってきました。

20名の定員に対して100名以上と多くの応募があったそうで、抽選に当たってほんまラッキーでした。

060716a.jpg

子供は浴衣に着替えて参加します。浴衣が無い人には貸し出してくれます。

集合場所は成徳中学校の教室で、岩戸山保存会理事長さんのお話を伺いました。 祇園祭や岩戸山の歴史の話です。 話は神話レベルまで及び、大人が聞いてもなかなか面白いお話でした。 そう、岩戸山の「岩戸」とは天の岩戸の事だったんですねえ。

岩戸山保存会理事長さんのお話の後、「ちまき売りの歌」を習っていざ、岩戸山へ。

岩戸山

生憎の小雨模様の中、「ちまきどうですかぁ〜」と子供達の元気な声が響きました。
060716c.jpg

うちの子供ら三人は特にえらい気合いが入ってました。 それもその筈、事前に
「お前ら、ちまき売れへんかったら、夜店連れていかへん。 でもちまきぎょうさん売れたら、夜店で好きなだけ買いもんさせたる」
と言うてんたんです(^^;

嫁さんには子供に交換条件みたいな事言うとあんまりええ顔されへんのですけど、商売人の子やしまあええかと思うてます(笑)

060716d.jpg

おお、売れたようです。そうそう、売る楽しみを体で覚えて藤村屋を継いでくれと密かに思いました。

道行く人に「がんばりやー」と声を掛けてもらったり、貴重なええ体験をさせてもろてるなあと遠くから見守りながら思いました。
岩戸山の関係者様、並びにみやこ土曜塾の関係者様に感謝です。

ちまき売りの後は鉾に登らせて貰ってました。次男坊は3回ぐらい登ってたような(^^;

060716e.jpg

土曜塾が終わり、さて約束通り宵山へ繰り出します。 時折雨が降る不安定な天気でしたが、この日は日曜という事もあり、午後5時頃でぎょうさんの人出でした。

日が落ちて、提灯に火が灯る船鉾。 聞こえてくるお囃子。

そうそうこの雰囲気が宵山なんですよねえ。 暑いし、人多いし、クタクタになるんですけど、この雰囲気が楽しみたくて、宵山へ来てしまいます。

子供らは約束どおり「たこやき食べたい」「あの"あてもん"(くじ引きの意)したい」「リンゴ飴買うて」と容赦なく要求してきて、宵山情緒充填率120%に対して帰る頃には僕のおサイフの充填率はほぼ0%になりました(T_T)

→岩戸山HP
→ちまき売りの歌MP3
厄除けのおちまきは
常は出ません今晩限り
御信心の御方様は
受けてお帰りなされましょう♪

2006年07月14日

岩戸山でちまき売り

みやこ子ども土曜塾で祇園祭に参加して話を聞いたり粽(ちまき)を売ったりする体験学習が実施されるんですが、それへ子供と一緒に参加する事にしました。

受け入れてくれはったのは、岩戸山、「山」やけど「鉾」みたいな大きな山です。
7月16日午後2時〜4時頃までいってます。

鉾町に知り合いが無く、あっちの祭に参加した事が無いので、子供以上に楽しみにしてます(^_^)

今年はうまい事祇園祭が店休日に当たってるので、祇園祭を満喫しまくろうと企んでまして、ちまき売りが終わったらそのまま宵山を楽しんで、深夜は日和神楽、翌17日は午前中は山鉾巡航見に行って、夕方からは神幸祭へ参加する予定です。

う〜ほんま祭はワクワクしますねえ〜 ここ数日は仕事する気力0%です。

2006年07月12日

鍵善さんの甘露竹(かんろたけ)

鍵善さんの甘露竹を頂きました。

いわゆる竹筒に入った水ようかんなんですが、コレ子供の頃からの大好物で普通の羊羹と比べて喉越しの良さと控えめの甘さでなんぼでも食べられるもんで、当時は10本は平気で食べてました。
はい、子供の頃も今と同じ体型でしたよ(^^;

鍵善さんの甘露竹

最近は竹筒を模した樹脂製の容器に入ったものも他店ではありますが、あれは100%美味しく無いですねえ。賞味期限は長いようですが、不味ければ何にもならない。

ホンマモンの竹筒に入ってるのは、竹の爽やかな香りがいいんですよねえ。

鍵善さんの甘露竹

添付されてる千枚通しで裏に穴を開けます。 こういった一手間も子供心に楽しかったのを思い出します。

鍵善さんの甘露竹

穴が開くと、反対側から羊羹がツルルんと出てきます。これを皿に開けたりせず、そのまま吸い付くのが竹筒羊羹の醍醐味でんな。

「しゅるるる〜 すぽん」

てな具合に(笑)

荒気ない食べ方ですが、青竹の香りを楽しむもっとも合理的な食べ方なんだとMyルールになってます。

ご馳走様でした。

→鍵善良房HP

2006年07月04日

サーバー移転3

今日は新サーバーへMovable Type の導入をしました。

バージョン3.3は現時点でバグがあるとの事なんですが、旧バージョンのダウンロード先が見つからず、修正版が出たら直したらええかとインストールしたら、なぜか、エントリーのタイトルから本文に至まで日本語文字の間に「/(スラッシュ)」は入りまくり(^^;

文字コードの設定ミスかとmt-config.cgiを見直しても、文字コードの設定するところが無くなってる?。
CGIファイルをぜんぶ検索してもそれらしい修正箇所が無く困っていたら、知人が保存してた3.2をくれて一件落着。ありがとうございます。

サーバー移転を決意したのには新サーバーがMovable Type に対応してるからってのもあったので、更にMovable Typeが快適に動くようデータベースオプションを契約しました。

が、しかし思ってた程サクサク動かず、お値段十分の一以下のこのブログを置いてるサーバーの方が、、、サクサク動いてるやん。
うううう、、ちょっと悲しい。

サーバー移転2

WEB Arenaの設定完了メールから結局3時間ほどで安定した模様です。
ほっとしました(^^;

買物かごCGIのSSLへのリンク設定がドメイン表記でしか上手く動かず、ネームサーバーが安定するまで注文フォームへリンクせずまったく注文が受けられない状態になってまいました。
お客様にはご迷惑をお掛けしました。


それに、新旧両方のメールサーバーからメールを取得する際にメールサーバーをIPアドレスで設定し直したら3日間分のメールを再取得、スパムメールまで再取得で処理に一手間かかってしまいました。

一段落したらメールアドレスを全て新しい物に変更しようと心に誓った一日でした。

サーバー移転2の続きを読む

2006年07月03日

サーバー移転

ネットショップを置いてるfujimuraya.comのサーバー移転をしました。

思い起こせば1998年、京都i-netにショップサイトを立ち上げてから三回目の移転です。

今回はSSL認証の移転とかが心配だったのですが、Web ARENAのSiteからSIte2への引越という事で秘密鍵の再発行はせずにすんでホッとしてます。 だってThawteのシステムって英語表記だけなんでいつも脂汗かきながら設定作業してるんですもん(^^;

2006年7月3日 16:09:02付けでDNS設定完了のメールが、Web ARENAから来てるんですが、これ書いてる時点でまだ旧サーバーが見えてます。

もし当方にメールを送ったのに、何にも連絡が無い場合、お手数ですが再度ご連絡下さいませ。
メールサーバ等が安定するのにも数日かかるかと思います。

トラブル無く移行出来ればいいのですが。南無〜