2006年06月22日

末廣屋さんの老松

藤村屋で水無月をお届け日限定で販売してるんですが、商談で末廣屋さんへ行った時に、ウィンドウに並んでる和菓子の誘惑に耐えきれず幾つか買い求めてきました。

まず一番に目についたのがコレ

末廣屋さんのあじさい
あじさい

季節感たっぷりですねえ。見た目に涼しそうです。

京都新聞朝刊でここ最近、一面の片隅に季節の和菓子が紹介されてる菓子ひなみという連載があって、毎日楽しみにしてるんですが、それにも掲載されてた末廣屋さんの上菓子です。

写真撮った後、ちょっと目を離したら子供に食べられてて味見が出来ませんでした(T_T)

060622b.jpg
わらび餅

タピオカ粉とか使った安物のわらび餅はプリプリしてますが、これは昔ながらの歯応え、、、ちゅうか口の中の粘膜応え、むっちょり張り付いてウマい〜。 きな粉もええ香りがしました。

他にも僕の大好物、味噌入り柏餅などを買って来て

060622c.jpg


和菓子まつりじゃー ひゃっほー

堪能しました。

おっと忘れてました。 末廣屋さんの代表的な和菓子老松

末廣屋さんの老松

小豆を粉にしてなんかつなぎ入れて固めて焼いたお菓子、、だと思う。 見た目に反してあまり日持ちがしないそうで、段々乾燥してくるので、適度にしっとりしているしている間に食べた方が良いみたい。

小豆の風味と程よい甘さ(イメージよりずっと軽い)、なんか懐かしい味。 生菓子なんですが、なんかおばあちゃんがカンカンから取り出して「さあおたべ」なんてくれるようなイメージの味です。

和菓子屋の癖に「スイーツ」とか時代に乗った商品を作るような軟弱者の店では、ぜったい作らへん味やなあ〜なんて思いました。

2006年06月21日

給料が上がるのか?

先日うちの会計をやってもろてる人から「来月から給料が変りますんで」と言われて、最近頑張ってるから給料が上がるのか?と一瞬思ったんですよ。

ほしたら「来月から介護保険料が差し引かれますので、給料が減ります」やって(^^;

手取り給料が減る事より、介護保険料を払う歳になった事がショックでした。
 
介護て、、、自分が誰かに介護される事なんて想像もした事無いのに、もう既に人生の黄昏時の準備をせんならん歳になってしもたんですねえ。

ん〜 なんか感慨深い。

でもまあ40代でお爺ちゃんになってしまった友人もいる訳で、その人から比べたら僕もまだまだ若いなあ〜なんて自分を慰めてます(笑)

Recent Entries

  1. 末廣屋さんの老松
  2. 給料が上がるのか?