2006年05月05日

粽(ちまき)

今日は端午の節句という事で、おやつに粽と柏餅を頂きました。

ちまきと柏餅

左の二本組みのちまきは、貰い物で祇園石段下の鳴海屋さん謹製。
鳴海屋さんは赤飯も有名で、祗園町での祝い事と言えばたいてい鳴海屋さんの赤飯が配られてます。

右側の粽と柏餅は、うちが一番良く利用させて貰ってる祇園饅頭さん。

さて、皆さんはどうやってちまきの笹を外してます? きっと正式な作法はあるんでしょうけど、僕は

粽の皮をはぐ

左手で上を持ち、右手で外した紐をひっぱります。ちまきがブルブルブルンと回って壮快です(笑)

粽の笹を剥いたとこ

笹の緑と餅の白さの対比が食欲をそそりますねえ。 開いた瞬間に笹の清涼感のある香が広がります。

一昨年だったかGWに家族旅行で福井県にいって現地で粽を買ったら、餅がぜんぜん甘く無いので驚いた事がありました。石川県ではきな粉をかけて食べるそうですね。
ところ変われば品変わるですねえ。

でも、なんか昔と比べると餅が小さくなってるような気がします。 
きっと僕が大人になったらそう思うんでしょう。うんうん、そうしとこ(^^;

今年は祇園饅頭さんと鳴海屋さんを食べ比べてみて、鳴海屋さんの方が若干柔からく食べ易かったです。
でもそこの好みは人それぞれ、うちの母親は柔らか過ぎなんて言うてました。

ちまき

毎年、粽をよばれると思い出す子供の頃の記憶があります。
僕の父方の祖母は四国の人なんですが、京都に遊びに来た時、粽をお土産にあげたんです。
後日「粽の中がからっぽだった。あれはお菓子屋さんの見本と違う?」と電話がかかってきたんです。

京都好きな方ならここまで読んでピンときたと思いますが、お土産にあげたのはそう祇園祭の厄よけ粽だったのです。祖母は食べ物だと思ってほどいてしまったのですな(笑)

祇園祭の粽
これが祇園祭の粽です
まあその食欲があれば厄よけ粽が無くても大丈夫だった事だと思います。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(八代目日記 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form