2006年01月22日

須磨の水族館へ行ってきました

長男、次女、次男の三人を連れて須磨海浜水族館へ行ってきました。
嫁はんは体育会系ゆえ日曜日でもクラブのある長女の為に留守番です。

次男も小学二年生になり、ちょっと、、、だけ、、落ち着いてきたので、一人で三人連れて行けるようになりました。 数年前やったら犬の散歩のごとく紐でも結んでおかんと何処へ行ったかすぐわからんようになり、とてもや無いけど、一人で見るのは無理やったやろなあ〜と思うと子供らの成長に感無量でございます。

060122f.jpg
海側から見た須磨海浜水族館

060123a.jpg

イルカショーを見たり、、、

060122e.jpg

トンネル型水槽でピラルクのお腹を見たりして楽しみました。

実は昔、熱帯魚オタクだった僕は、熱帯魚屋で15センチ程のピラクルの稚魚が売られているのを発見し、欲しくて欲しくてたまらなくて毎日のように熱帯魚屋に通ったもんですが、熱帯魚屋の親父に「大きくなる魚なのでぜったい中学生には飼育できひん」と諭され断念したのです。

でも今にして思えば中学生どころか、どんなマニアでも個人レベルでは育てきれへんですやん。 平均2mぐらいになるのに(^^; 
そんな魚、熱帯魚屋で売るなっちゅうねん。
須磨で飼われていたのも2m近いサイズのものばっかりでした。

おっと話がそれてもた。

水族館の敷地内に小さい遊園地が併設されてて、子供達も喜んで遊んでたんですが

060122b.jpg

、、、ん?
メリーゴーランドが

060122c.jpg

うげ、おんまさんが注意ロープでぐるぐる巻きです。

060122d.jpg

ここまで首に巻き付けたらんでも。ものすご苦しそうです(T_T)
なんかメリーゴーランドの持つファニーなイメージをガタガタに潰されたようで悲しかったですわ。

と、まあそんなどうでもええ事は置いといて、須磨海浜水族館神戸市立だけあって、ただ魚を奇麗に飾ってあるだけの水族館では無くて「学べる」ようになってる水族館でした。琵琶湖博物館には負けるけど。

館内で子供達もおおいに楽しんでるようでしたが、一番熱中してたのが博物館裏手の海岸での貝殻拾いでした。

060122g.jpg

寒風が吹き付けてましたが平気で貝殻探してるんですよ。ホンマ子供は風の子ですねえ。

嫁と長女へのお土産に買っていったのが、これ。 ウミガメロンパン。
060122h.jpg

館内に複数あるスタンドのうち、一軒だけで焼いてるのを発見、これは美味いに違い無いと食品販売業者の血が騒ぎ、午前中のうちに予約し夕方に取りに行き、土産ではあるんですが、あつあつの焼きたての誘惑に負けその場ですぐ食べてまいました。

写真のメロンパンと、アップルパイの二種類ありました。 予想どおり大変美味でした。 さすが神戸ですねえ。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(八代目日記 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form