2005年06月03日

極上ちりめん山椒、炊きあがりました

極上ちりめん山椒

ついに炊きあがりました。極上ちりめん山椒。
炊いてる最中に出る臭いですが、いつものものと全然香りが違いました。 醤油のニオイもベタッとしてない、ちゅうか、スパッと切れる鋭利な刃物のような芳香がするんですよ。凄いです。こんなにちゃうもんなんですねえ。大手生産品の醤油とは。
「これは絶対ええもんが出来る」
そう確信しました。

炊きあがった極上ちりめん山椒、さっそく味見にひとつまみ口にほり込みました(^_^)

「もぐもぐ」

最初の3噛みぐらいで醤油の味が口にぶわっと広がりすぐに一旦収束するんですが、噛み続けるとまたまた「じわっ じわっじわっ」と旨味がだんだんに上がってきて(音楽記号で言う所のcrescendo (クレッシェンド)のように)日本人にはたまらない和の味が口いっぱいに広がり「んっ、うまい〜」と頂点のうまさを感じた三秒後、今度はその旨味が濃厚過ぎて、ややベタッとしたやや重い味に変りそうになってしまうんですが、その99%の「うまい」の中に1%の「まずい」が頭をもたげそうになった瞬間に「プチッ」と噛み潰した実山椒から目の覚めるようなフレッシュな香と辛みがにじみ出て、強い旨味でべたつきそうになった口の中が「キリリ」引き締まり、再び「んっ、まいう〜」「あああ〜よくぞ日本人に生まれけりぃぃぃ〜〜」となってしまいました。

はあはあはあ。。。疲れた まさに食の格闘技、そんなちりめん山椒が出来てしまいました。一口食べる事に、これだけめまぐるしい情報が味覚に流れ込むんですよ。情報のオーバーフローでブラックアウトしそうです。、怖過ぎです。
こんな恐ろしいちりめん山椒を販売してええんでしょうか。。。。つい自問自答してしまいました。

この商品は藤村屋のウェブサイトからご購入可能です


→極上ちりめん山椒 ご注文ページ

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(八代目日記 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form