2005年05月08日

消防団員研修

伏見区墨染の京都市消防学校で午前9時から午後4時までみっちり研修を受けてきました。

050508a.jpg
消防学校の校舎から撮った写真ですが、上まで行ったら足がすくみそうな構造物がいっぱい建ってます。 もちろん僕がこんな施設を使ってバリバリ訓練して来たわけではありません。確実に死んでまいます。僕はロープワークとかホースの巻き方、放水訓練など初歩的な事を習ってきました。

オレンジの服を来たレスキュー隊員さんは日曜日やというのに、これらの構造物を使って朝から晩までずっと訓練をしてはりました。 常に走り回ってはります。全く疲れ知らずって感じです。
大きな事故があるとレスキュー隊の活躍が報道されますが、こういった地道な日々の訓練があってこそのあの難作業が出来るんやな〜と思いましたです。

実は研修は4月17日にも学科教習がありまして、その時驚愕の事実をしりました。消防団員は特別地方公務員だという事です。僕も特別地方公務員ですか?知らんかった。消防団はボランティアだと思ってました。(^^;
よう考えたらちゃんとした説明を受けないまま、団員勧誘に応じておりました。反省。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(八代目日記 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form