2005年05月03日

ヤミの乱破

ヤミの乱破 1 (1)
細野 不二彦

講談社 2005-03-30
売り上げランキング : 2,750

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

細野不二彦氏ってたぶん今日本で一番精力的に活動してはるマンガ家さんだと思います。
ただ最近は代表作のギャラリーフェイクもなんとなくマンネリ化してきたような気もするしダブル・フェイスに至ってはどうも肌が合わず2巻まで購入した所でもう買う気が失せてしまってました。

ところがこのヤミの乱破は 、ものすごく面白いんです。
もと陸軍中野学校出の諜報部員が終戦直後の混乱期、正体不明のクライアントの指令の元、公には出来ない治安活動をするって話なんですが、舞台が舞台だけにもうドロドロ具合が最高です。
次号が楽しみな一冊です。

しかし細野氏、骨董ブームにギャラリーフェイク、手品ブームにダブル・フェイスとうまく流行にマッチした作品を書いてヒットさせてますから、今年は戦後の見直しブームでも巻き起こるんでしょうかね。

追記 05.05.09
ギャラリーフェイクがマンネリと書いてたらもう完結だったんですね。いざ終わるとなると残念です。長編が掲載され、名傍役達も登場する最終巻らしい一冊でした。

4091873928ギャラリーフェイク (32)
細野 不二彦

小学館 2005-04-26
売り上げランキング : 126
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

trackbacks

trackbackURL: