2005年05月03日

どんぼ(とり貝)

トリ貝

春先にだけしか食べられないどんぼ
寿司ネタや酢みそ和えなんかによく使うトリ貝は開いてミソ(内蔵)などを取り出し、茹でてあるんですが、これは開かずミソが入ったまま茹でてあります。見た目は魔女の帽子のようなんですよ。

そのままでもいけるんですが、今回は酢みそで頂きました。

どんぼ

普通のトリ貝よりコクがあって美味しいんですが、ミソの中に砂を含んだものがあり、それに当たった時はまさに砂を噛む思いです。ジャリジャリ言うて「マズ〜」なんですよ(T_T)

ちなみに普段手に入るトリ貝は茹でてから冷凍にかけたものです。解凍品は白いドリップ(汁)が多く出てくるので簡単に見分けがつきます。
完全に生のトリ貝は初夏の頃のみ食べる事が出来ます。なかなか入手は難しいんですが。

余談
この日のメインディッシュは春先らしく天然鯛の煮付けだったのですが、付け合わせが(^^;
天然鯛と竹の子のたいたん
また竹の子でした。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(八代目日記 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form