2005年04月19日

MEX-R1 不具合発生

MEX-R1ですが先の日記で「初期ロット不良が怖かったんですが」と書いてましたが、予感的中、初期不良に当たってしまいました(T_T)

このたび、マルチディスクプレーヤー MEX-R1で 内蔵ソフトウェアの不具合により、MP3ファイルの音楽データを記録したDVD DISCの再生時に、続き再生(リジューム再生)が正常に動作しない場合があることが判明しました。

僕の買ったデッキも同様の症状が出ていたのですが、仕様だと思いあまり気にせず使ってました(^^;

SONYのコールセンターに電話したら3日ほどでバージョンアップディスクを送ってくれました。対応早いです。

050419b.jpg

バージョンアップディスクをMEX-R1に挿入したら後は勝手にロムを書き換えてくれました。

うちのDVDレコーダーはTOSHIBAのRD−XS41なんですが、これも購入後メーカーからのバージョンアップデータでそれまで再生出来なかった台湾製DVD-Rが使えるようになったりと劇的な機能アップがありました。こういったドライブをお持ちの方は一度メーカーサイトでバージョンアッププログラムなどが出て無いか調べた方がええですよ。書き込み速度が向上したりもしますから。
 
でも、もしこのようなプログラムが消費者側で書き換え可能になる前は、こんな小さな不具合はやはり闇に葬り去れていたんでしょうねえ(汗)

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(八代目日記 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form