2005年04月14日

MEX-R1用の1000曲DVDを焼いてみる

MEX-R1用のウリの一つ、■DVDに記録した約1000曲のMP3ファイルの再生に対応(1000MP3)用のDVDを焼いてみました。

まず手持ちのCDを全てiTuneでパソコンに取り込みます。この時、iTuneの「環境設定」→「読み込み」を開き
読み込み方法=MP3エンコーダー
設定=高音質(192kbps)
に設定します。
050414.gif

すでにiTuneを使ってて取込んだ楽曲をMP3以外で取込んでる人は、iTuneで再エンコード可能ですが、Appleロスレス以外で取込んでる場合は音質を考えれば新たにCDから取込んだ方がええと思います。 再エンコードはものすご音が悪くなりますし。

取込んだ楽曲をiTuneでCDなりDVDに焼く事も可能なのですが、それだとすべての曲が同一階層に書き込まれてしまうので、MEX-R1側でアルバムごとのスキップが出来なくなります。ですからRecordNowなりWinCDRなりB'sRecorder GOLDでISO9660に準拠した形式としてアーティスト名のついたフォルダごと焼いて下さい。
環境設定→詳細の"iTune Music"フォルダの場所 で取込んだ楽曲のある場所を確認出来ます。
※MEX-R1は漢字表記が出来ませんので、ファイル名をローマ字表記に変更してから焼くと曲名などの情報がディスプレイで表示可能です。 ものすご〜く手間がかかりそうなので僕はやってませんが(^^;

050419d.jpg
モニタではこのように 曲/アーティスト/アルバム 情報が表示されます

焼いたDVDが再生出来ない場合は、使用してるメディアの品質を疑って下さい。台湾製のDVD-Rなんかを使ってませんか? PCでは再生出来ても民生用プレイヤーではぜんぜん読込めないメディアがけっこうあります。
ちなみに僕はMBという業務用のメディアを取り寄せて使ってます。このメディア、お値段はちょっとはりますが超高品質です。プレイステーションなどのゲーム開発のデバック用にも使われてるプロ仕様で、いままでトラブルは一切ありません。

、、、この記事なんか中途半端。後日書き直します〜(^^;

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(八代目日記 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form