2005年02月20日

日本海カニツアー

オンラインショップ仲間5名で日本海へ蟹を食べに行ってきました。

車窓から

途中、雪がぱらつく悪天候でしたが、なんとか現地まで車でたどり着けました。

050220f.jpg

荒波と風がすっごい冬の日本海。こんな海で育ったカニ、身が締まって美味であるに間違い無かろうと確信したのでありました。

京都府網野町の海舟という旅館でお昼のコースを楽しみました。少し狭めですが温泉もありますので食後に楽しむ事が出来ます。海沿いの温泉らしくお肌がヌルっとする泉質でした。

050220a.jpg

まずは向付、かにもずくから頂きました。もずくは目の細かい針もずくでした。能登産かな?太いものよりねばりがあって僕は好きです。
酢味が更に食欲をかき立てます。

050220a.jpg

刺身は蟹、カンパチ、マグロ、甘エビ、モンゴウイカでした。蟹はまさにとろけるような食感と甘みが最高でございました。

050220c.jpg

一緒に行った皆さん。写真を撮る時は賑やかでしたがカニを食べてる時は皆黙して語らず黙々とカニをほぐしておられました。 

050220d.jpg

かに味噌の甲羅焼き、カニの天ぷら、茹がに、カニしゃぶ、かに鍋とフルコースは続きました。

050220d.jpg

カニ料理の締めくくりはやっぱりこれ。かにぞうすい。 「ぞうすい」のダシというのはぞうすいを作る為にとったのでは無く、かに鍋の副産物として出来上がったものである。もしかに鍋を食べずして「ぞうすい」を作ろうとしたら、ものすごい原料費がかかるのである。
ゆえにカニフルコースの中でもっとも贅沢なメニューであるといえよう。

050220e.jpg

と、御託をならべたくなるほど極上のお味でした。お米の国に生まれて良かった〜

またこんな贅沢出来るように仕事がんばろ〜っと。


trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(八代目日記 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form