2005年02月21日

シャルムさんのアップルパイ

福知山に講演へ行った時に参加しておられたシャルムさんがお土産にと下さったアップルパイ。
シャルムさんのアップルパイ

早速食べてみて、「ん〜美味いんやけど、なんか一味足りない」と思ってシャルムさんのサイト見に行ったら

アップルパイと言えばシナモンというくらい、そのほとんどに入っているんですよね。
そこで!!
シャルムではシナモンを入れずに甘さもおさえた、素朴でどこか懐かしく、温かくてやさしい味に仕上げました。


と、書いてありました。
なるほど、シナモンが入って無いのですごくさっぱりした味に感じたんやね。
んで、もうちょっとパイ皮は薄めの方がええかな〜と思いました。皮が厚いとちっと重たく感じるし、アップルとのバランスが悪いように感じました。 どう言うたらええんやろ。 ご飯とおかずのバランスちゅうのか、おかずが大過ぎると味が濃過ぎるし、ご飯が多過ぎると味が薄過ぎるし、あん入り餅とかおはぎとか肉まんとかサンドイッチとか、生地と具のある食品の全てはそのバランスがけっこう重要やと思うんですよ。 なんかものすごへたくそな説明やけど(T_T)

でもホンマこれは真面目に作ってはるなあ〜と感じた美味アップルパイでした。 りんごがほんまにさっぱり甘さ控えめであんじょう炊いてありました。
お気遣いで頂いたものにケチつけてるようで凄い嫌なんですが、具と生地のバランス以外は極上の味でしたので、少し残念に思ってツラツラと書いてしまいました。
こんな書き方は失礼かもしれませんが、田舎メイドゆえ質実剛健な腹にたまるスイーツという感じがしました。今日びの都会の甘いもんは、軽〜い食べ心地なもんが主流かと思います。どっちがええのんか僕にはわかりませんけど。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(八代目日記 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form